猫が自分の足を吸う行動にはどんな意味がある?おしゃぶり癖の治し方とは

猫が自分の足を吸う行動にはどんな意味がある?おしゃぶり癖の治し方とは

4109
update

愛猫が自分の足を「チュッチュ チュッチュ」とおしゃぶりのように吸いついている姿を見て、癒されている飼い主さんは多くいるのではないでしょうか。この記事では、猫のおしゃぶりにはいったいどのような意味があるのか、またおしゃぶり癖の治し方について解説したいと思います。

4109
update
猫が自分の足を吸う行動にはどんな意味がある?おしゃぶり癖の治し方とは

はじめに

愛猫が自分の足を「チュッチュ チュッチュ」とおしゃぶりのように吸いついている姿を見て、癒されている飼い主さんは多くいるのではないでしょうか。

このおしゃぶりにはいったいどのような意味があるのでしょうか?また、このまま続けていても良いのでしょうか?

今回は猫ちゃんのおしゃぶりについてまとめてみました。

愛猫のおしゃぶりにはいったいどんな理由があるの?

肉球を舐めながら寝ている猫

Anastasia Roelink/shutterstock.com

愛猫がおしゃぶりする行動にはどのような意味があるのでしょうか。考えられる理由を見てみましょう。

母親に甘えたい気持ち

猫が自分の足を「チュッチュ チュッチュ」と吸うのは、人間の赤ちゃんのおしゃぶりと同じように「母親に甘えたい」という気持ちからと言えます。自分の肉球をお母さんのおっぱいと思って一生懸命に吸っているのかもしれません。

このような行動は、母猫にしっかり育てられた猫ちゃんにはみられないようです。本来、子猫が「おしゃぶり」をやめるタイミングは歯が生えてきた時と言えます。歯が生えてきた子猫におっぱいを吸われる母猫は当然ながら痛みを感じます。そして吸われる度に子猫を蹴飛ばしたり、「フーッ!」と威嚇したり、前足で子猫の鼻をたたいたりして「してはいけないこと」ということを少しずつ教えていきます。

しかし、まだまだお母さん猫のおっぱいを欲しがっている子猫をあえて引き離してしまうと上手に親離れすることができず、母親に甘えたい気持ちだけが強く残り、自分の肉球をおしゃぶりする行動につながってしまうのです。

では、とってもかわいい子猫の肉球おしゃぶりがあったのでご紹介したいと思います。

Kitten Sucks His “Thumb”

施設で保護され、新たな飼い主さんが決まったという白猫ちゃん。眠りにつく前に肉球を「チュッチュ チュッチュ」と吸う癖があるのでしょうか。ふわふわとした真っ白な毛並みがどことなく品の良さを感じさせますが、肉球を「チュッチュ」している姿はまだまだ赤ちゃんですね。

「眠い、眠い、でもチュッチュしたい」との一生懸命さが可愛らしいですね。でも、最後にはおしゃぶりしながら寝てしまいましたね。

この猫ちゃんもまだ母親のおっぱいを慕っている時に母猫とお別れしなければならなかったのでしょうか。そんなことを考えるとちょっと切なくなってしまいますが、新たなお家でたくさん愛されることでしょう。

猫はほかにどこでおしゃぶりする?

飼い主の指をくわえている猫

Nils Jacobi/shutterstock.com

猫ちゃんのおしゃぶりって実は肉球だけに限ったことではないようです。では、ほかにどのようなところでおしゃぶりをするのでしょうか?

飼い主さんの指

飼い主さんの指でおしゃぶりをする猫ちゃんは多いと思います。人差し指の第一関節くらいまでをくわえて「チュッチュ」したり、歯が生えてきているなら「カミカミ」したりなど、そんな様子を観察することができるでしょう。

また、子猫を腕枕しているのなら、飼い主さんの柔らかい二の腕を「チュッチュ」してきたり、「カミカミ」してきたりもするでしょうね。

そんな経験のない飼い主さんからしてみると、なんとも言えないくらい羨ましい光景かもしれませんが、歯が生え始めてきていると少しは痛いですし、くすぐったい感じもしますよね。でも、安心しきっている子猫の顔を眺めているといつまでも「チュッチュしていてもいいよ〜」なんて優しい気持ちになったりもしてしまいます。

飼い主さんの耳たぶ

飼い主さんの耳たぶを「チュッチュ」してくるときは、ベッドで横になっている時や胸に抱きかかえている時ではないでしょうか。

ベッドで寝ている時などは夜中であろうと明け方であろうと時間も構わずに「チュッチュ」してくるので寝不足になってしまう飼い主さんも多くいるようです。

自分のしっぽ

自分のしっぽをおしゃぶりする猫ちゃんもいます。そんな時の体勢は、丸くなって前足でしっぽをつかんで「チュッチュ」する猫ちゃんが多いようです。

猫にとってしっぽは様々な感情を表現したり、バランスを取る時に使うツールだったりと役割はたくさんあります。おしゃぶり好きな子猫にとってはおしゃぶりにも使われてしまうようです。

おしゃぶりは治した方がいいの?

タオルに包まれている猫

tpfeller/shutterstock.com

母親に甘える仕草の一つであるおしゃぶりはいつ見ていてもかわいいのですが、いずれは直した方が良いのでしょうか?

猫ちゃんが自分の肉球やしっぽをおしゃぶりしているだけならまだしも、おしゃぶりの対象が飼い主さんの手や耳たぶへと移行していく可能性も十分考えられます。

そうなれば飼い主さんは痛みを感じ、何度も同じところを吸われることで皮膚炎を起こしてしまうことも考えられます。また、熟睡することも難しくなるかもしれません。

常に飼い主さんがおしゃぶりに答え応じてあげられるわけではないため、猫ちゃんにとってはおしゃぶりしたい時にできないとストレスの原因になってしまう場合もあります。

そしておしゃぶりの対象は「ウールサッキング」につながってしまうこともあるのです。「ウールサッキング」については下記で説明しますが、結論としておしゃぶり癖は治してあげた方が良いでしょう。

では、「ウールサッキング」とはどのようなものなのでしょうか? 猫ちゃんにとって危険なものなのでしょうか?

「ウールサッキング」って何?

「ウールサッキング」とは、猫が毛布やセーター、タオルなどにお母さんのおっぱいを吸うように「チュッチュ」と吸いつく行動です。母猫の温もりを思い起こさせるウールなどを好んでしゃぶります。

しゃぶっているくらいならまだ良いですが、ひどくなるとウール製品や布を食べてしまう「異嗜(いし)」に発展することもあります。当然消化することができないので、腸に詰まってしまうことも考えられます。便と一緒に出てくれれば良いのですが完全に詰まってしまうと手術をしなければならなくなってしまうかもしれません。

「ウールサッキング」の原因には様々なことが関係しているようですが、やはり離乳前から人間に育てられた子猫や、早期離乳した子猫に多いと考えられます。

子猫のかわいいおしゃぶりではありますが、癖が治らず放置しているとエスカレートして「ウールサッキング」につながりかねないかもしれません。

できるだけスキンシップの時間を取り、不安な気持ちを取り除いてあげる必要があります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー