トイガーってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

トイガーってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

5381
update

猫のトイガーについて解説していきます。 あまり聞き慣れない猫種ですが、性格や、色々な特徴を知って、飼い方を覚えておいてくださいね。 特に「いつか虎と一緒に生活してみたい!」と夢見るあなた!きっと、トイガーと生活してみたい気持ちになること間違いありませんよ!

5381
update

トイガーの特徴

Tabby young cat lies on a white background

Ivanova N/shutterstock.com

「トイガー」という名前は、「おもちゃ」や「可愛がる」という意味の「Toy」と、「虎」という意味の「Tiger」が合わさった言葉が由来となっています。

その名の意味の通り、勇ましく、それでいて可愛らしい一面も持つ特徴がありますよ。

外見的な特徴

トイガーの外見的な特徴は、何と言っても名前の由来にもなっている「虎柄」ですね。

被毛の色のベースはパンプキンのような濃いオレンジ色が特徴ですが、ブラウン、マホガニーレッド、オレンジ、ゴールド、タンといった様々な色の被毛を持った子もいます。

トイガーの元となるベンガルは「スポット(斑点)模様」ですが、トイガーは「マッカレルタビー(ストライプ)模様」が特徴です。

トイガーは慎重な計画育種によって、本当のトラのような美しく輝かしい毛並みと模様を持っていますので、「デザイナーズキャット」とも言われています。

トイガーの持つ美しい被毛の色と太いストライプ模様は、他の猫種にはない希少なものです。

しかし、残念ながらこの虎柄を安定して確実に出すことが出来ず、元のベンガルの模様であるスポット(斑点)や、様々なパターンの模様が出てしまうことも多いようです。

トイガーと呼ばれるには「頭部の白いハイライト」と「虎らしい縞模様」が全身にしっかり入っているのが条件となります。 トイガーは、被毛や模様だけでなく体型も虎にそっくりです。

胴長で骨太なしっかりとした骨格に、引き締まった筋肉と適度な脂肪もついた体型です。

体重は約5~10Kg程と幅があります。

顎は大きく、鼻筋は広く、耳は小さいことが理想とされています。

目は少し小さめでつり目であり、目の色はブルー以外であるとされています。

しっぽは長くまっすぐ伸びているのも特徴です。

そのしっかりとした体形で、猫科の野生動物のように肩を入れて堂々と歩く姿はまるで虎のようですよ!

トイガーの歴史は?

silly toyger kitten playing on couch - lying upside down - striped cat

stockelements/shutterstock.com

トイガーの歴史は浅く、1980年頃から育種が始まっています。

アメリカのカリフォルニア州でベンガルの繁殖を行っていたブリーダー、ジュディ・サジェンさんが、2頭の子猫の中にたまたま虎の模様が入っていたことに気づいたのがきっかけとなっています。

ジュディさんは、野生のトラの保存を呼びかけるため、また「この子猫たちの育種によって、家で飼える虎(猫)を創りたい!」と考えて、ブリーダー仲間のアンソニーハッチャーソンやアリス・マッキーらと協力して本格的な育種に乗り出したことがトイガー誕生の歴史です。

より虎柄に近づけようと、世界各地から40匹ほどの猫を選別し、それを元にしてトイガーの育種がスタートしました。

1993年に、アメリカの二大猫登録団体の一つであるTICA(The International Cat Association)に新品種の猫として申請を開始し、2006年にトイガーは正式な猫種として認められました。

しかし、育種に使われた様々な猫の影響で、毛色や縞模様がなかなか安定しないこともあります。

より虎に似た猫となるよう、また安定した模様を育種できるようブリーダーたちによる努力が続いていますが、それが達成されるまでにはおよそ10年くらいかかると言われています。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー