子犬の育て方。パピヨンの離乳食、手入れ、トイレまで解説。

子犬の育て方。パピヨンの離乳食、手入れ、トイレまで解説。

1814
update

耳に最大の特徴がある小型犬のパピヨン。きれいな毛並みで優雅に歩くその姿は可愛いですね。パピヨンの子犬の育て方や離乳食の方法について考えます。また、パピヨンの日頃のお手入れはどんなことに注意するとよいのか、またトイレのしつけについても見てみましょう。

1814
update

パピヨンの子犬を迎えるために

Little Puppies Papillon in the hands of woman

Sergey Lavrentev/shutterstock.com

寝床となるサークルを準備します。

子犬の頃は問題なくても、成長するにつれて、パピヨンはケージをよじ登り外へ出ようとするのでふたが付いているタイプのものが好ましいです。

ひっくり返してしまわないように安定感のある食器も容易しましょう。

ケージに取り付け可能な給水器も便利です。

トイレ用、ペットシーツとシーツ用トレイも準備しておきましょう。

パピヨンの子犬の育て方

Papillon, Phalène, Butterfly-Dog, Squirrel-Dog in front of a white background

Erik Lam/shutterstock.com

外見からすると何か弱さが目立ちますが、小型犬に多い神経質なところや、警戒心が強いという部分がなく、だれにでもすぐに懐く可愛い犬です。

飼い主によく甘えるので、長時間孤独にさせるのは気の毒ですね。

陽気で活発なパピヨンはとにかく遊びが大好きです。

体が小さいので長距離、長時間の散歩は不要ですが、毎日散歩へ連れ出し、室内でも刺激を与える遊びをしてあげるようにしましょう。

またパピヨンは利口でその場の状況をよく把握して行動できます。

飼い主が何かストレスを抱えていると、それがパピヨンにも伝わるので、いつでも穏やかに落ち着いて接してあげるようにしましょう。

聡明なパピヨンは物覚えが早いですが、噛み癖をなくすことに骨折る飼い主さんが多いのも事実です。

一緒に遊んでいて噛まれた時には、口の中に手を突っ込んだままにします。

当然パピヨンは嫌がるので、これを繰り返します。

噛むのをやめた瞬間にすかさず褒めるようにして、噛み癖を克服させましょう。

これも育て方ひとつですね。

無駄吠えが少ない犬種ではあるものの、子犬の頃から甘やかすと、吠えれば自分の要求が通ると考えてしまいます。

無視して要求に応じない時間をつくることで、わがままが通用しないことを学びます。

粘り強い育て方でいい子に育てましょう。

パピヨンの子犬の離乳食は?

papillon puppy and chihuahua in front of white background

cynoclub/shutterstock.com

パピヨンは生後1カ月ほどで離乳が始まります。

その頃から離乳食を必要とします。

市販のパピー犬用ドッグフードをふやかして与えることができます。

幼い犬にはペット用ミルクを少し混ぜて与えることで食いつきがよくなります。

人肌程度に温めたミルクがベストです。

2カ月までは1日に4回離乳食を与えてください。

その後、生後6カ月までは子犬用ドライフードを、やはり日に4回くらいに分けて与えてゆきます。

10カ月も経過すれば成犬とみなせます。

パピヨンのお手入れ

A small white and red papillon dog (aka Continental toy spaniel) standing on the grass looking very friendly and beautiful

f8grapher/shutterstock.com

犬名の通り耳がチョウのようであると同時に、きれいな毛並みの被毛が特徴です。

きちんとしたメンテナンスが欠かせません。

最低でも週に2回はブラッシングしてあげましょう。

成犬になるにつれて、ブラシもいくつか用意します。

コームが最適です。

またノミとりくしもあると便利です。

ピンブラシも使えますが、毛を痛めやすいので無理に毛をとってしまうようなタイプのものは痛めてしまう原因となるので注意して使用しましょう。

スリッカーは多量の毛を無理に取り、引っかかりやすいためシングルコートのパピヨンには不向きです。

パピヨンのトイレのしつけ

A cute little dog portrait

Ivanova N/shutterstock.com

トイレに行きたいつける際には、犬の習性をうまく利用することが役立ちます。

犬は同じ場所で用を足そうとしますし、ベッドでは自分の寝床はきれいにしておこうとします。

子犬の時期は飼い主にとって根気が求められますが、トイレのしつけがうまくゆけば、子育てのかなりの部分で勝利したと言えます。

ですから、しつける段階でくじけてしまわないよう、粘り強く取り組み続けましょう!

寝床とは別にトイレ用のサークルを用意し、トイレに行きたいしぐさをしたら、すぐさま急行します。

サークル内をペットシーツで敷き詰めて、犬自身が自身が決めた場所をトイレにするならそれもいい方法ですね。

うまくできた時には必ず褒めることで、自信と自覚をつけさせましょう。

人懐っこく賢いパピヨンは、とにかく飼い主に構ってほしいというサインを出します。

子犬の頃から愛情を注いで、メリハリをつけてきちんと育ててゆきましょう。

離乳食の与え方や手入れやトイレを学んでしっかりとしつけてゆくなら、お利口なパピヨンに育ってくれます。

パピヨンの性格から考える!飼い方・しつけのコツとは?

パピヨンの大きな耳と明るく活発な性格は昔はフランスの貴族たちに愛されていた、非常に歴史の長い愛玩犬パピヨンの特徴です。飼い主さんからは、おもちゃを買って一緒に室内で遊べて楽しい!など、愛らしい性格が人気を呼んでいます。今回はそんなパピヨンのしつけ・飼い方のコツ、子犬の選び方を解説いたします。

https://mofmo.jp/article/1519

犬のトイレの回数って?おしっこ・うんちの頻度を知ろう!

犬のトイレトレーニングで重要なことは、飼い主さんが犬のトイレの回数、排泄のタイミングをよく知っておくことです。特におしっこの回数はよく把握しておく必要があります。これにはお散歩の方法も一つの鍵になっているんですよ。うんちやおしっこの頻度をきちんと知って飼い犬の健康に注意を払いましょう。

https://mofmo.jp/article/1474

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー