フレンチブルドッグの散歩。首輪とハーネスどっちがいいの?おすすめもご紹介。

運動が大好きなフレンチブルドッグはお散歩が大好きです。ではフレンチブルドッグを散歩に連れて行くとき、首輪がいいでしょうか?ハーネスがいいでしょうか?首輪とハーネスどちらが適しているか、おすすめについても見てみましょう。

フレンチブルドッグの散歩。首輪とハーネスどっちがいいの?おすすめもご紹介。

フレンチブルドッグを散歩させるとき

犬はお散歩が大好きですし、定期的にお散歩させることで社会性を身に着け、適度な運動になって肥満防止にもなります。

散歩させるときは必ずリードをつけて、飼い主が愛犬の動きをコントロールできるようにしましょう。

散歩の時、首輪を使う飼い主さんと、ハーネスを使う飼い主さんがいますが、フレンチブルドッグにはどちらがあっているのでしょうか? それぞれの特徴やおすすめポイントについて見てみましょう。

フレンチブルドッグの散歩に首輪を使う

フレンチブルドッグの散歩に首輪を使うメリットについて見てみましょう。

首輪は細いので、フレンチブルドッグがどんどん進んで行ったり、変な方向に行こうとしたときグッとリードを引くと細い首輪に負荷がかかるので、フレンチブルドッグは苦しくなります。

しかしこの苦しさがフレンチブルドッグにとって「しつけ」になります。散歩中に飼い主と飼い犬の主従関係を教え込みたいとき、歩く速度を教え込みたい時などは、首輪を使うことをおすすめします。

そして犬の習性として、歯は犬がしつけの際に子犬の首をかむ習性があります。首輪はこの習性の応用したものなのでしつけにピッタリのアイテムといえます。

さらに、首輪は首に巻くだけなので、装着が簡単なのもおすすめですね。そして種類も豊富なので、いろいろなデザインの物を楽しむことができます。

注意点

気をつけたいのは、特に子犬や老犬の場合ですが、フレンチブルドッグは短頭種なので呼吸がうまくできません。ですから首輪を使うと首をにかかる力がショックとなって負担がかかります。

子犬はまだ骨格が出来上がっていませんし、老犬も筋肉が衰えているので、首輪はあまり向いていないといえるでしょう。

フレンチブルドッグ散歩にハーネスを使う

フレンチブルドッグの散歩にハーネスを使うメリットに見てみましょう。

ハーネスとは胴輪のことです。ハーネスは負荷が体全体に分散するので、首輪と違って呼吸が苦しくならないのがポイントです。

ですからフレンチブルドッグは首輪よりもハーネスのほうが向いていることでしょう。特に子犬や老犬ならなおさらです。最近では介護用ハーネスも売られています。

注意点

また首輪は注意しないとスポッと抜けてしまうので、突進しやすい犬にはハーネスのほうがおすすめです。

ただし、ハーネスは首輪でできる首のコントロールができないので、しつけの面を考えたらハーネスよりは首輪のほうがいいでしょう。

フレンチブルドッグにおすすめの首輪・ハーネス

フレンチブルドッグにおすすめの首輪やハーネスを紹介したいと思います。

フレブル専用ハーネス

こちらのハーネスはフレンチブルドッグ専用のハーネスです。犬ぞり用ハーネスのように胸当て部分を排除しているので、わきが擦れません。 裏地にもこだわっていて、肌への摩擦が少なくなっています。そして衝撃吸収のスポンジ入りなので、体への負担が少なくなっています。 頭を通して、胸に巻き付けるようにマジックテープを止めるだけの簡単装着です。

フレブル専用ハーネス(リップストップ)

首輪工房はしば Colons Barのフレンチブルドッグ首輪

こちらはフレンチブルドッグの首輪専門工房です。品質の良い首輪を一つ一つ手作りしています。フレンチブルドッグにとって安全で、快適で使いやすく、かつデザイン性に優れている商品が豊富にあります。

デザインは300種類以上あるので、必ずお気に入りの商品を見つけることができることでしょう。人気商品はハーフチョークチェーンやスワロフスキーを使った首輪が人気です。

シンプルな革の首輪やコットンタイプもあります。

Colons Barのフレンチブルドッグ首輪

飼っているフレンチブルドッグの年齢や性格を考えて、首輪やハーネスを使い分けてはいかがですか?

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 パコ
通報

首輪、ハーネスとどちらか一方にこだわるのではなく、どういう時に使うのかなどを考慮した上で使い分けた方がいいんですね。街中でお散歩している犬を見かけますが、その大半が首輪です。あまり深くハーネスは広まっていないようなイメージがあります。ハーネスにはハーネスのメリットがあるので、使う方が増えていくと良いですね。

2 NEW
通報

首輪とハーネスは犬への負担で見ればハーネスのほうが負担は少ないでしょうね。首輪だとどうしても引っ張ってる感があって犬がかわいそうに思えるんですよ。この辺は飼い主の考え方で決まってくるんでしょうけど、ハーネスのほうがより自然に散歩出来るんじゃないかなって思います。

3 チャツネ
通報

フレンチブルドッグって首ないしね…首輪はちょっとどうかなって思っちゃうけど、小さい時に限ってはしつけにいいのか。確かに強く引っ張ると苦しいし、しつけにはいいかも。ただ首にかかる負担も考えると難しいですね。やっぱりフレンチブルドッグにはハーネスがいいかもね。

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬のしつけ方を徹底解説!もうしつけに悩まない!!

    • 犬のしつけ方を徹底解説!もうしつけに悩まない!!

      ペットとしての犬って本当にかわいいですよね。でもかわいいだけで何も教えなかったらわがままな子に成長してしまいます。しつけは大事ですね。では今回は犬のしつけ方、トイレや散歩、芸を教えるまでについて徹底解説したいと思います。

      5241
    • 犬の胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法について紹介!

    • 犬の胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法について紹介!

      飼い主のみなさん、愛犬に愛情たっぷりの手作り胴輪をプレゼントしてみませんか?手作りすれば愛犬にぴったりで自分もお気に入りの胴輪になりますよ!おもっているよりも簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。今回は胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法をご紹介します。

      コメント

      胴輪を手作り?と、少し驚きましたが、自分で作ることも可能なんですね。その作り方を見ると、ミシンなど必要なものさえあれば、意外と簡単に作れそうな感じがします。一回作り方を覚えてしまえば、それ以降は何度でも作れるのがいいなぁと思いました。

      13356
    • 4ヶ月のチワワの散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

    • 4ヶ月のチワワの散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

      生後4ヶ月のチワワの散歩は必要でしょうか?4ヶ月のチワワを散歩に連れていくのにどんなしつけや注意することがあるでしょうか?ここでは、生後4ヶ月のチワワを上手に散歩をさせる秘訣について解説していきます。

      4535
    • 4ヶ月の犬の散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

    • 4ヶ月の犬の散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

      生後4ヶ月の柴犬はお散歩が大好きですね!でも飼い主を困らせる時期でもあります。しっかりとしつけを行うなら4ヶ月の柴犬でも賢いので学習しいていけます。ではどのように4ヶ月の柴犬に散歩のしつけをできるでしょうか?

      3524
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

ペットグッズを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!