アラスカンマラミュートとシベリアンハスキーの違いは??特徴や性格の違いを解説。

アラスカンマラミュートとシベリアンハスキーの違いは??特徴や性格の違いを解説。

2484

同じ犬橇の犬種として知られるシベリアンハスキーとアラスカンマラミュートは、一見するとよく似た犬種としても知られますね。ですが、よく見れば違いはいくつか存在します。今回は、シベリアンハスキーとアラスカンマラミュートの違いについて紹介していきたいと思います。

2484 |

シベリアンハスキーはロシア生まれの大型犬

Siberian Husky dog black and white colour with blue eyes in winter

Sergey Bogdanov/shutterstock.com

シベリアンハスキーは、ロシア生まれの犬種で、体重が16~27㎏、体高が51~60㎝の大型犬の分類される犬種です。

シベリアあらカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地とする犬種で、現地に住んでいたチュクチ族に飼育されていた犬種で、古くから犬ぞりなどにより人や荷物の運搬、狩猟の補助などを行う使役犬として活躍してきました。

シベリアンチュチースと呼ばれていましたが、後に遠吠えがしわがれ声であったためシベリアンハスキーと呼ばれるようになりました。

遊ぶ事が大好きな性格をしていて、常に冒険心に富み、悪戯が好きな性格をしています。

好奇心旺盛で、特に仔犬時期から成犬期には力加減なく悪戯をするので、非常に大変な時期です。

シベリアンハスキーは賢く忠実な犬種ですので、しつけの効果は絶大ですが、何か(多くは嬉しいことや楽しいこと)をきっかけにスイッチが入ると興奮し見境がつかなくなることがありますので、冷静になることができるコマンド(命令)を覚えさせておくとよいでしょう。

シベリアンハスキーの特徴としては、犬ぞりをしていた犬種らしく耐寒性に優れ、長い距離を走る事ができる膨大なスタミナを持ちます。

また、社交性が高く、他の犬やペットとも仲良くできるという特徴があるので、多頭飼育に向いている性格をしています。

警戒心の強いという特徴を持つので、番犬としても活躍しますが、積極的な威嚇や攻撃をさせない限り、人に対して本気で攻撃する事は稀といわれているので、よほどのことがないと咬傷事故は起こる可能性が低い犬種という特徴もあります。

シベリアンハスキーってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

オオカミのように猛々しく神秘的なブルーの瞳を持つシベリアンハスキー。 その魅力はなんといってもルックスの美しさではないでしょうか? 1980年代ハスキーを題材に映画化され一大ブームにもなりました。 しかし今ではあまり見かけませんね。 この謎を考えながらシベリアンハスキーについて学びましょう。

https://mofmo.jp/article/2679

この記事が気に入ったらシェア♪
3 QUEEN
通報

アラスカンマラミュートっていうんですね!近所で飼育されている犬、これです!シベリアンハスキーだと思ってましたよ、ずっと。シベリアンハスキーにしては色が薄いな~と思ってたけど、別の犬だったんですね~。なるほど~。素敵な犬ですね。

3 おったまげる
通報

どっちも、パット見は似てるけど、よーく見るとなんか違うなって感じがあります。性格も違うと聞きますと、見た目は結構似ていても、内面は同じじゃないんだなと気づかされますね。あと、それぞれの違いを知った上で、どちらを育てたいか考えられますね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー