トイプードルにおすすめのリードは?リードのしつけ方についても解説。

トイプードルにおすすめのリードは?リードのしつけ方についても解説。

1746
update

ぬいぐるみのような見た目と、しつけもしやすい頭脳を持っているトイプードル。アジリティーが出来るくらい運動神経も抜群です。頭の良いトイプードルであるからこそ、しっかりとしたリードを使用しないと、散歩中引っ張られたりします。そこで、トイプードルの散歩におすすめのリードとしつけ方法をご説明いたします!

1746
update

リードの種類

スタンダードリード

Beautiful groomed white dwarf poodle standing on city street

DuxX/shutterstock.com

これは最も一般的なリードの一種であり、普段ほかの犬が散歩しているのでも見かけるリードです。 大体長さは1.5m~2m程で、素材は革やナイロン等が一般的です。持ち方のコツを覚えたらトイプードルの散歩散歩に扱いやすいリードは、このスタンダードリードがおすすめです。

フレキシブル・リトラクタブルリード

こちらのリードの種類もよく見かけるのではないでしょうか。リードの長さが自由に変えられるタイプのリードです。ボタンを押すことで長さを固定出来るため、散歩ではなくドッグランや広場等で向いていると考えられます。 このリードは、しつけがしっかりと出来ていないトイプードルには、おすすめ出来ません。散歩中にトイプードルが突然走り出してしまったりして、道路に飛び出す危険性があるのが、おすすめ出来ない理由です。

ロングリード

しつけが出来ていないトイプードルが使用するリードです。長さは大体30mくらいで、遠くにいるトイプードルの呼びのしつけをする際におすすめです。 しかし、もちろんこの長さのリードは、散歩にはおすすめしません。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー