バーレイニディルムンキャットは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

バーレイニディルムンキャットは社交的で愛情深くとても活動的な性格の猫です。また猫には珍しい水が大好きな猫でもあります。この猫と共に過ごすうえで日ごろのケアにはどんなことに気を付けたらよいでしょうか。抜け毛のケアや対策について調べてみました。

バーレイニディルムンキャットは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

バーレイニディルムンキャットの抜け毛は多い?

バーレイニディルムンキャットの抜け毛の量は、猫の中では少ない方だといえるでしょう。大量に抜け毛がある時期には抜け毛ケアや対策が特に重要といえるでしょう。

バーレイニディルムンキャットの抜け毛ケア

抜け毛のケアはよくバーレイニディルムンキャットのブラッシングをすることによってケアできます。正しいブラッシングを行いましょう。 猫の毛質を理解しブラッシングしてケアできます。バーレイニディルムンキャットの被毛は短い毛の為、ケアは長毛よりは楽だといえます。

基本的なブラシとしては、獣毛ブラシを使ってブラッシングをしたあげることができます。 短毛は毛先のそろっている柔らかいソフトタイプを使うことによって抜け毛のケアをすることができます。

またコームを使うことによって毛玉をほぐして取り除くことができたり、毛の仕上げに使ってケアしたりすることができます。他にもノミを取り除くことができますので、コームは被毛が長いものでも短いものでも持っておいてケアしてあげることは良いといえるでしょう。 コームは毛先からブラッシングして抜け毛を取っていくことができます。根元からいきなりといてしまうと、毛玉ができていたり、毛が絡まっているところに引っかかってしまい、抜け毛になっていない毛も抜いてしまう可能性があるからです。 なるべく優しく、絡みを取るようにブラッシングしていくことができます。コームは毛先が丸いものを選ぶと、猫の肌を傷つけずにすみますので、買う時にもよく選んで買いましょう。

短毛の猫に良いとされているラバーブラシやミトンを用いてケアすることもできます。 ラバーブラシは短毛の猫に使うことが出来、抜け毛を吸着して取り除くことができます。マッサージ効果もあるのでとてもよいブラシです。 ミトンもラバーブラシと同じ使い方をすることができます。ラバーブラシやミトンは長毛の猫には奥の抜け毛を取り除くことは難しいので向いていませんが、短毛のバーレイニディルムンキャットはなでるだけで、抜け毛が取れるので楽にケアすることができます。

どのブラシを使ったらいいか迷ったなら、動物病院で健康診断を行った際に聞くことができます。 またバーレイニディルムンキャットを購入したペットショップやブリーダーの方に聞いてブラシを決めることができるかもしれません。 正しいものを用いてケアしていくなら部屋の抜け毛の掃除なども楽になるでしょう。

バーレイニディルムンキャットの抜け毛対策

抜け毛の対策は、とにかくまめにバーレイニディルムンキャットのブラッシングをすることによって抜け毛で部屋を汚すことは避けられます。 特に抜け毛が多くなる時期に対するケアは重要といえます。皮膚への刺激や影響が大きいからです。

他には、バーレイニディルムンキャットに洋服を着せることによっても抜け毛の対策ができるようです。 しかし、ある程度の抜け毛対策にはなるようですが、バーレイニディルムンキャットの皮膚のことを考えると長時間つけることはしないようにできます。 また洋服もこまめに洗って、服についている抜け毛もきちんととってあげることができます。

抜け毛を除去するのにバーレイニディルムンキャットにシャンプーしてあげることによっても対策ができます。 バーレイニディルムンキャットの体を洗い流してあげることで抜け毛をしっかりとって対策をとることができます。 その際には、きちんと猫用のシャンプーを用いることができます。人間が使用するシャンプーは刺激が強すぎるので、より一層抜け毛を増やしてしまいかねません。注意しましょう。

バーレイニディルムンキャットをお風呂に毎回入れてしまうと嫌がったり、皮膚に影響があるかもしれませんので、濡れたタオルで全身を拭いてあげることによっても対策できます。 優しくタオルでバーレイニディルムンキャットをなでてあげるなら、抜け毛がタオルについて取り除くことができます。

他には、フーリーやファーミネーターというグッツを使って抜け毛を取り除いて対策できます。値段は高いですが、きれいに抜け毛が取り除けますので、飼い主へのストレスも少なくなるでしょう。 バーレイニディルムンキャットにもあっているかどうか確認してからそういったグッツを用いることができます。他にも色々ペットショップには便利なグッツがありますので、選んでストレスにならない抜け毛のケアや対策を行うことができます。

まとめ

バーレイニディルムンキャットの抜け毛は猫の中では少ない方ですが、抜け毛を丁寧にケアしてあげることで、きれいな被毛を保つことができたり、皮膚病から守ることができます。 上記にあげた以外にも対策はあるかもしれませんので、愛猫にあった抜け毛対策を行って、ストレスフリーの生活を送れるといいですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 尻尾の長い猫が知りたい。種類や性格について解説。

    • 尻尾の長い猫が知りたい。種類や性格について解説。

      ながーい尻尾をフリフリして歩く…そんな猫の姿を見たことがある人は多いかと思います。では尻尾の長い猫はどんな性格なのでしょうか?また尻尾の長い猫にはどんな種類がいるのでしょうか?ここでは尻尾の長い猫についての豆知識をお教えします♪

      1630
    • オシキャットってどんな猫?性格と特徴から分かる飼い方のコツとは!

    • オシキャットってどんな猫?性格と特徴から分かる飼い方のコツとは!

      ワイルドなヒョウ柄で知られるオシキャット。珍しい猫なので日本ではあまりなじみがないかもしれませんね。最近、人気の高まっている猫です。それもそのはず。野生的な見た目とは違って、甘えん坊で賢いという性格でしつけもしやすい猫だからです。オシキャットの性格や特徴を知るなら、その魅力に惹かれるでしょうし、飼い方のコツを発見することができるでしょう。

      2067
    • デボンレックスってどんな性格?子猫の性格についても詳しく解説!

    • デボンレックスってどんな性格?子猫の性格についても詳しく解説!

      デボンレックスは異性人のような大きな目と巻き毛の被毛、スリムな体が特徴的な猫です。ピクシー(妖精)とも呼ばれ、子猫の時からたいへん人なつこい性格です。遊び好きでジャンプ力もあるため、肩乗り猫になるようなフレンドリーな性格のデボンレックスをご紹介します。

      1571
    • ジェネッタは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

    • ジェネッタは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

      長めの胴体に短い脚、ヒョウのような模様を持つジャネッタ。かなり希少な品種の猫ちゃんで、絶滅危惧種のアフリカジャコウネコに似せて作り出されました。今回は、そんなジェネッタを飼いたい方や飼い主さんに役立つ抜け毛のケアや対策についてご紹介します。

      1645
    • 灰色で長毛の猫の種類って何?猫の種類をご紹介。

    • 灰色で長毛の猫の種類って何?猫の種類をご紹介。

      灰色で長毛の猫は日本には少なく、珍しい種類になります。ブルー・グレイ単色の種類は、ロシアンブルーが長毛になったようなネベロングです。長いもふもふの尻尾が特徴的な珍しい猫です。またサイベリアンをはじめ、寒冷地に住む長毛の穏やかな灰色の大猫たちもご紹介します。

      1673
    • メインクーンの人気ブログを一挙にご紹介!

    • メインクーンの人気ブログを一挙にご紹介!

      世界最長の猫と言われるメインクーン。大きい体ながら、賢くて優しくて、まるで犬のような猫とも言われています。今回はそんなメインクーンの人気ブログを一挙にご紹介します!

      2294
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!