ヨーロピアンショートヘアーってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

ヨーロピアンショートヘアーってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

1549
update

大柄な体つきに人懐っこい性格が魅力的なヨーロピアンショートヘアー。 日本で見かけることはほとんどないかもしれませんが、初心者でも飼いやすい猫なんですよ。 今回はヨーロピアンショートヘアーの特徴や性格、飼い方やしつけ方のコツなどについて調べてみました。

1549
update

ヨーロピアンショートヘアーの特徴

A cute brown tabby kitten, European Shorthair, Germany

Katho Menden/shutterstock.com

ヨーロピアンショートヘアーはスウェーデンやイタリアなどヨーロッパに古くから住んでいた土着猫が起源と言われています。

別名でセルティックショートヘアーと呼ばれることもあります。

1982年まではブリティッシュショートヘアーと同一品種として扱われていましたが、現在では1つの品種として認識されるようになりました。

そんなヨーロピアンショートヘアーの体型や身体的特徴、寿命などについて説明します。

ヨーロピアンショートヘアーの体型と身体的な特徴

ヨーロピアンショートヘアーの平均体高は40cm~50cmくらいです。

平均体重はオスが5.5kg~6.8kgでメスが3.6kg~4.8kgくらいのセミコビータイプです。

骨太で筋肉質な体つきをしていてどっしりとしています。

光沢のある短毛で密集した被毛は様々なカラーが認められています。

大きくて丸い目の色も被毛に合わせて様々です。

ホワイトのヨーロピアンショートヘアーのみ、左右の目の色が違うオッドアイが認められています。

ブリティッシュショートヘアーと似てはいますが、比べてみるとヨーロピアンショートヘアーのほうがやや小さめの顎で、顔もやや長め、そして体格もややスリムです。

耳は離れていて直立していて、尻尾は根元が太くて先に行くにつれて細くなっています。

もともとヨーロッパの農場で重宝されていて、ネズミ捕りを得意としていたので、とても俊敏です。

ヨーロピアンショートヘアーの寿命

ヨーロピアンショートヘアーの平均寿命は16歳から19歳くらいとされています。

一般的な猫の平均寿命が15歳くらいとされているので、非常に健康的で長生きする猫種だということがわかります。

近年では医療技術が向上し、キャットフードも高品質なものが増えてきているので、20年以上生きる猫も増えています。

日ごろから健康管理、食事と運動のバランスを取るなどして、愛猫が長生きできるようにしたいですね。

ヨーロピアンショートヘアーの歴史は?

The European shorthair, also called the European or Celtic shorthair, is a breed originating in Europe, an elaborate way of referring to common European cats.

F_N/shutterstock.com

ヨーロピアンショートヘアーはスウェーデンを起源とし、イタリアなどヨーロッパ各地に生息していた猫です。

その歴史は古く、約二千年前のローマ帝国の時代にヨーロッパショートヘアーの記録が残っているとも言われているほどです。

ローマ帝国の繁栄と共にヨーロッパ全域に広がったヨーロピアンショートヘアーは、「セルティックショートヘアー」と呼ばれていたこともあります。

また、以前まではブリティッシュショートヘアーと全く同じ品種とみなされていたようで、別品種として認められたのは1982年です。

同年に「FIFe(Federation internationale feline)」がスカンジナビア半島に自然発生的に生息していた土着猫を保存しようということで品種登録したことがきっかけでした。

イギリスの品種公認団体であるGCCFでは非公認になっています。

また、突然変異で色素がかけた個体は「ヨーロピアンアルビノ」と呼ばれることがありますが、公認はされていません。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー