【チワワ】爪の嫌がられない切り方

【チワワ】爪の嫌がられない切り方

1602

チワワの爪切りは特に気を使いますよね。室内飼いだし、爪切りの必要はないのでは?爪が伸びすぎるとどんな危険があるの?調べてみましょう。

1602 |

爪切りの必要性

Lonely dog, red nose chihuahua dog

SmileonBow/shutterstock.com

犬の爪は人工的に切るものではなく自然に削れるもの。

だから爪切りなんて必要ない、なんて意見を聞いた事があるのでは?

ですがチワワのように小型犬の場合、体重が軽いのでお散歩のときに爪が削れる程度では不十分な場合があります。

またチワワは室内で飼われる確立が圧倒的に多いでしょう。

室内で飼っていると、より爪が削れる機会は少なくなります。

本来土の地面を走ったり歩いたりすることで適切な爪の長さが保たれるので、フローリングでばかり過ごしていると爪は伸びる一方です。

Two Longhair Chihuahua  dog in green summer grass

Volodymyr Burdiak/shutterstock.com

さらにチワワの爪を伸びたままにしていると、肉球につきささってしまう可能性があります。

気づかないうちに肉球に刺さり、その痛みで歩き方がおかしくなっていることもあります。

チワワはもともと小型犬のため、股関節形成不全などの障害を抱えやすい犬種です。

それに爪の伸びすぎも加わると歩行困難や足の痛みを抱える可能性が高くなります。

チワワの中でも毎日長時間のお散歩をしているので、爪の伸びすぎの心配はない、と思っている方もいるでしょうが油断は禁物です。

お散歩をしていることで爪が削れていても、すべての爪が同じようにバランス良く削れていくとは限らないからです。

例えば親指だけ伸びていくことに気づかず、そこだけ巻き爪になったりしてしまいます。

巻き爪が肉球にささると、動物病院で治療する必要が生じるでしょう。 そうなる前に、飼い主が気付いて爪切りをしてあげることが必要です。

爪をきるタイミングについて

Golden Retriever Puppy

Mat Hayward/shutterstock.com

チワワのほとんどが室内で飼われていることでしょう。

室内で爪を切るタイミングを見分ける方法は、足音です。

チワワがフローリングなどを歩いているときにカチャカチャと音がしたら、それは爪が伸びすぎている合図でしょう。

またチワワを立たせて、横から爪を確認してみましょう。

足を横から見て、肉球と地面が接するラインよりも爪が下に出ているならば伸びすぎていると言えます。

このとき、チワワの指毛が邪魔してきちんと確認できないことがあります。

指毛をカットするか、手で押し上げるなどして確認しましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 大麦若葉
通報

音でチェックするのはやりやすそう。自分の目で見るのは難しそうやけど、音ならわかりやすくて着るタイミングをつかみやすそうやね。カチカチ聞こえたら即切る。覚えときます。

2 サマンサ
通報

チワワは体が小さいから手足も本当に華奢で壊れそうで爪切りを上手くすることができません。トリマーさんに月1回預けているのでその時にケアしてもらってるけど、自分でケアするのは怖いですね。間違って深爪しちゃったらと思うと怖くて。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー