ポメックスってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

ポメックスってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

6169
update

純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある特徴をいいとこ取りできればなんて考えた事はありませんか?それぞれ気に入った部分だけをかけ合わせるなんて夢のようです。しかし、昨今ミックス犬という様々な犬種をかけ合わせた犬が登場しており、話題を呼んでいます。ここではポメックスについてご紹介していきます。

6169
update

ポメックスの特徴

pomeranian spitz puppy and dachshund dog together on white

otsphoto/shutterstock.com

ポメックスとは名前の通り、「ポメラニアン」と「ミニチュアダックスフンド」のかけ合わせのミックス犬です。

近年ペットショップやブリーダーなどの販売でもよく聞く名前になってきたポメックスですが、ポメックスという犬種ではなく、あくまでもポメラニアンとミニチュアダックスフンドの「ミックス」です。

そもそも犬種同士のかけ合わせをする理由は、遺伝などによる先天性の病気にかかりにくくするためであったり、生きていくうえでかかってしまう後天性の病気にかかりにくく長生きできるようするためです。

ですが、昨今のミックス犬と呼ばれる雑種は外見重視のものが多いということも感じます。

外見がとてもよくなっているということは、飼い主や、周りの人に大切に育ててもらえるというメリットもありますが、金銭目的の繁殖もあるように感じます。

賛否両論の分かれるミックス犬ですが、飼う側は飼った犬を生涯大切に育てるということさえ守れば十分でしょう。

あとは、金銭目的での犬の売買が減ってくれれば犠牲になる犬も減りとても良いですね。

ミックス犬でありながら、人気犬種の上位に食い込むほどのポメックスの体型や外見的特徴、寿命などについて説明します。

ポメックスの体型や外見的特徴

ミックス犬であるポメックスの特徴は、ポメラニアンよりは少し長めの胴にミニチュアダックスフンドより若干長めの手足とミニチュアダックスフンド寄りのしっぽが付いた小型犬の体つきをしており、首周りにはポメラニアンのような長毛が生えています。

顔は個体によって若干の差が出てきますが、耳はミニチュアダックスフンドのたれ耳が多く、大きな目はポメラニアンより、鼻の長さなどはミニチュアダックスフンドよりです。

毛色も豊富で、交配した親の毛を引き継ぎ「ブロンド」や「ホワイト」、「グレー」など様々です。

ポメックスが成犬になったころの平均的な体重は3.5kg~9kg、平均的な体高は12kg~30kgほどの小型犬になります。

ポメックスの寿命

ポメックスの平均寿命は12歳~15歳と言われており一般の小型犬と変わりはありません。

ミックス犬だからといって特段病気にかかりにくいわけでもなく、ミニチュアダックスフンドが注意すべき椎間板ヘルニアや、小型犬が起こしてしまいがちな膝蓋骨骨折にもなりやすいです。

そういった面ではポメックスというミックス犬は交配をして大成功という犬種ではありません。

しかし、逆を言えばあまり交配をしても悪影響の少ない犬種ともいえます。

寿命の面で注意しなければいけないのは購入する場所です。

昨今人気のミックス犬たちは、販売するために大量繁殖させられている場合もあります。

安心できない場所からポメックスを購入すると、母体が病気にかかっている病気になりやすい個体を選んでしまったり、育てられた環境が不衛生であったり野放しにされ感染症にかかっていたりなど、長生きしない子を選んでしまう場合もあります。

生まれる母体や生まれた環境、育ってきた環境によって寿命が限られてしまう場合があります。

長く一緒にいるためには選び方、育て方に注意しながら暮らしていくようにしましょう。

ポメックスの体臭

ポメラニアンもミニチュアダックスフンドも体臭がある犬種だと言われています。

そのため、これら2犬種のミックス犬であるポメックスも体臭がやや強めです。

ミニチュアダックスフンドの場合は、毛色がブラックの個体のほうがホワイト系の個体よりも体臭が強いとされていますが、ポメックスの場合も同じ傾向にあるようです。

体臭が気になるという場合は、選ぶときに毛色を気にするといいでしょう。

体臭をある程度抑えるために、日ごろから被毛のケアをすることをおススメします。

定期的なブラッシングやシャンプーをするなら、体臭はそれほど気にならなくなるでしょう。

ポメックスの歴史

前述のとおりポメックスはポメラニアンとミニチュアダックスフンドを掛け合わせたミックス犬です。

ポメラニアンはドイツ原産の小型犬で、ジャーマンスピッツやサモエドが祖先だとされています。

19世紀後半にはイギリスのビクトリア女王に可愛がられたとされ、その魅力は世界中に知られるようになりました。

ミニチュアダックスフンドもドイツ原産の小型犬で、アナグマやウサギなどを狩る狩猟犬として活躍してきた犬種です。

狩猟犬としての激しい性格を持っていながら、ペットして現在に至るまで高い人気を誇っている犬種です。

家庭犬として人気の高いこれらの2犬種を掛け合わせたのがポメックスというわけです。

現在では人気のミックス犬としてペットショップに売られていることもありますし、国内のブリーダーやミックス犬専門店でも入手できるようになっています。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

ポメックス?何かIT企業の名前みたいな犬の名前だね、世の中にはこんな風に掛け合わされた犬もいるんだ、、、何ていうか神の領域ってすごいよね

3 犬ラブ
通報

ポメックスって初めて聞いた種類で、新種かと思ったらミックス犬だったんですね。小型犬同士のミックスって足腰が弱いイメージがありますけど、やっぱり腰回りが弱いんですか。小型犬はどうしても、骨関連の疾患にかかりやすいので注意してあげないといけないですね。

3 ぽち袋
通報

ポメックスはちょっとわかりにくい名前な気がするけど?名前を聞いただけじゃ、何と何とミックスなのかが全く想像できませんね。言われても、う〜んって思ってしまいます。「ポメチュア」の方が分かりやすいかなぁなんて考えました。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー