猫のトイレの砂の選び方。オススメしたい猫別に相性の良いバッチリなものは?

使ってみないとわからないものに、猫砂とも呼ばれる、猫のトイレの砂があります。これって飼い主さんはかなり悩むものなんです。素材、吸着力、固まり具合、飛び散るのかな?など、猫のトイレの砂は、非常に種類も豊富です。そこで、こういった種類なら、こうした猫にピッタリですと、購入を決めるポイントをご紹介します。

猫のトイレの砂の選び方。オススメしたい猫別に相性の良いバッチリなものは?

猫の好みを知ろう!猫のトイレ・砂の選び方

猫砂は3つのカテゴリがあります

猫のトイレの砂は、一般的に「猫砂」と言われます。この種類はホームセンターやペットショップの他に、ドラックストアなどでも市販されています。たくさん山積みされてますし、一見すると種類も豊富に見えますが、基本は3種類の素材が多いです。 一つは以前は最もポピュラーだった、シリカゲルタイプです。特徴は、主に液体の吸収が比較的早く、脱臭効果も高いため、糞では固まりませんが、表面が乾燥し処理しやすく、繰り返し使える点です。実はランニングコストが最も低い点です。 デメリットはとにかく軽くて粒が丸いために、トイレの周辺が猫が蹴とばしたりして散らかりやすいことです。したがってトイレの容器は、深めのものを使い、体型も大きな猫の場合は便利でしょうね。価格は昔は一番高かったのですが、今はかなり下がっています。

紙製は一見エコで良さそうだけれど....

文字通り紙製の猫砂ですが、粒が大きな豆状の硬めに圧縮された製法によって作られています。小動物用のようなフワフワな感じはありません。メリットは非常に軽いので、大量にストックできることです。猫砂は文字通り「砂」なので、女性では買って帰るのはかなり重労働ですね。 入手も最近はしやすく、価格も非常に安いのですが難点が一つあります。それは、ニオイが猫砂全体に染みついてしまう点です。また糞や尿に対して吸収して膨らむため、基本的に人間のトイレには流せません。そして、1回の処理で捨てる部分が多いので、ストックはある程度必要になります。

おからやリサイクル原料を使ったものは?

日本独特の猫砂がこのタイプになります。大きな特徴は、見た目はやや大きめの粒で、大抵が円筒状です。人工的に素材に様々な添加剤を入れられるために、脱臭効果も高く、水に入れると溶けるのでトイレに流せるものが多いです。 そのため、尿を吸収すると粒が崩れその状態で固まります。完全に固まるというより、崩れたところの粒がくっつく感じですね。デメリットは、尿をしたところが見た目ハッキリわからない点、しばらく使っていると、製品によっては全体的に徐々に粉になってくる点です。それと、粒の表面は固いので、大きさによっては小型の猫では嫌がる子もいます。 原料もおから、ヒノキの端材など様々ですが、形状はみな似たような感じです。現在主流になっているタイプですね。種類も非常に多く選びやすいです。

鉱物系は、猫が非常に好む

実際に石のゼオライト、ベントナイトような天然素材を砕いて作ったもので、鉱物といってもそれほど重くないものもありますが、価格自体が高めですね。水分の吸収力も良く、そのため粒同士は非常に良くくっつき、処理はしやすいです。砂自体のニオイは、素材によるもので脱臭剤を混ぜた製品もあります。 猫側からの評価でいうと、足でかき回すには丁度よい感じらしく、全般的に好む猫も多いです。デメリットは、吸収率が高いということはそれだけニオイを吸着して、放置時間が長いとトイレ全体に染みついてしまうことです。

結局どれが良いの?

結論から言えば、入手のしやすさ、ある程度大人の猫ならオールマイティーに使え、踏み応えもある端材を原料にした、ウッドチップのようなタイプの猫砂が、燃えるゴミで処理でき、価格も手ごろです。トイレに流せば便利かもしれませんが、マンションなどではちょっと心配です。水分を吸着すると、変色の度合いでよくわかり、管理も比較的楽です。 飼い主さんの中には、とりあえず1種類買ってみて、様子見で変えていくスタイルの人も多いです。猫砂は、種類を変えてもトイレの習慣がある子なら特に問題ありません。 猫に気に入ってもらえる猫砂が見つかると良いですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 形と種類で選ぶ!猫のトイレのおすすめな選び方!

    • 形と種類で選ぶ!猫のトイレのおすすめな選び方!

      猫のトイレを選ぶとき、何を基準に選びますか?まずは猫の年齢、大きさですね。次に置く場所にあうサイズ、色、形ですね。飼い主さんも愛猫も気に入って長く使えるトイレを選べるように、おすすめの種類をご紹介していきます!

      9785
    • 猫砂の捨て方で選ぶ!猫のトイレの4つの選び方を解説♪

    • 猫砂の捨て方で選ぶ!猫のトイレの4つの選び方を解説♪

      猫砂はいくつか選び方のポイントがあります。大きさ、素材、匂い、捨て方などです。今回は捨て方に焦点を置いてご紹介していきたいと思います。毎日お掃除をして清潔に保っておきたいトイレのことなので、飼い主さんが使いやすい物を選んでくださいね。

      8569
    • 猫のトイレが臭い時の消臭方法!これで猫のイヤなニオイも解決!

    • 猫のトイレが臭い時の消臭方法!これで猫のイヤなニオイも解決!

      猫を飼っている人の大きな悩みの一つが、会社から帰宅したり、出かけ先から帰ってきたときの、ム~ンとする強烈な臭いではないでしょうか?特に猫は肛門周辺に、強烈な臭いを出す器官があり、それを使ってマーキングをするため、時には部屋中どころか、家じゅうが臭ってしまいます。どうやったら消臭できるか、詳しく解説します。

      22471
このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!