黒いフレンチブルドッグを飼いたい!値段やブリーダー・里親について

黒いフレンチブルドッグを飼いたい!値段やブリーダー・里親について

2644
update
posted2017/01/14

フレンチブルドッグは、常に笑顔を振りまき、愛くるしい行動が人気の犬種です。フレンチブルドッグには、様々なカラーがありますが、その中でも黒いフレンチブルドッグは希少です。黒いフレンチブルドッグの値段や、里親の探し方、ブリーダーについてご紹介いたします!

2644
update
posted2017/01/14

黒いフレンチブルドックは多い?少ない?

Close-up of Black French bulldog, 1 year old,  isolated on a white background

vijaifoon13/shutterstock.com

黒いフレンチブルドッグ自体は、少なくはありません。

後ほど詳しくご説明はしますが、黒いフレンチブルドッグには、ブリンドルというカラーが存在します。

よく見かける黒いフレンチブルドッグは、このブリンドルである可能性が高いでしょう。

しかし、一部黒いフレンチブルドッグでも希少なカラーが存在します。

希少な黒いフレンチブルドッグは、値段もそれなりに高くなります。

フレンチブルドックのカラーの名称

フレンチブルドッグのカラーは、大きくわけて4種類あります。

まずは白色を基調に、黒色や茶色が差し色として入る「パイド」。

次にクリーム色の単色で、全身白っぽいものから濃いクリーム色まで色が分かれる「クリーム」。

黒色がベースになり、部分的に白色が混じっている「ブリンドル」。

そして濃い茶色をベースにし、口周りが黒っぽい「フォーン」の4種類です。

ほかにもパイドに薄いベージュが混じった「ハニーパイド」、ブルテリアのようにパイドのカラーの中でも、片方の目周りが黒く塗られた「片パンチ」等がありますが、大きく分けてカラーは4種類です。

ブラックブリンドルとは黒いフレンチブルドッグ

希少な黒いフレンチブルドッグは、「ブラックブリンドル」というカラーです。

ブラックブリンドルは、ブリンドルの黒色をベースにし、白い部分が少ないカラーです。

全身が黒い個体は、特に希少で人気のカラーです。

お腹まわりだけ白っぽいのも、ブラックブリンドルに分類されます。

黒いフレンチブルドックの値段は?

ペットショップの値段

Black French bulldog puppy lying and looking up on a white background

Jagodka/shutterstock.com

黒いフレンチブルドッグ、特にブラックブリンドルを飼いたい場合は、ペットショップではなかなか手に入らないかもしれません。

ペットショップで黒いフレンチブルドッグを購入するなら、ブリンドルに白い被毛が多く混じった「タイガーブリンドル」が多いでしょう。

ペットショップによって値段の差はありますが、大体20~40万円程の値段で購入することができます。

ブリーダーの値段

ブリーダーで黒いフレンチブルドッグを迎えるのであれば、ブリーダーによってはブラックブリンドルの子犬がいるかもしれません。

ペットショップよりもブラックブリンドルを購入できる機会は多いでしょう。

ブリーダーの場合、チャンピオン犬の親犬等が在籍していることから、値段はペットショップよりも高くなることがあります。

値段は20万円から良質な血統であれば、60万円以上になる場合もあります。

ペットショップと違い、ブリーダーでフレンチブルドッグを購入するのは、親犬の様子も見ることができるため、子犬の性格もなんとなく把握することができます。

黒いフレンチブルドックの里親募集の紹介

Black French bulldog puppy lies on a white background

Jagodka/shutterstock.com

黒いフレンチブルドッグを飼う方法のひとつとして、里親募集を確認するという方法があります。

フレンチブルドッグの里親になるにあたり、ブリーダーと違うところがあります。

それは、値段がほとんどゼロという点。

しかし、値段が安いからといって、安易な気持ちで飼ってはいけません。

里親を待っている犬たちは、心や身体にハンデを負っていることが多いです。

しっかりと愛情を注げるようでなければ、フレンチブルドッグの里親になることは難しいかもしれません。

ペットのおうち

ペットのおうちは、犬や猫はもちろん、鳥や爬虫類等、様々なペットの里親募集をしているサイトです。

フレンチブルドッグの子犬や成犬も里親の募集をしています。

日々里親募集の内容は変わっていくため、日頃からチェックすることをおすすめします。

ふがふがれすきゅークラブ

ふがふがれすきゅークラブは、最初はパグの里親を募集しているサイトでしたが、現在はフレンチブルドッグを含めた犬種の里親募集をしているサイトです。

現在の保護犬の数はそこまで多くはありませんが、どれも細かく犬の情報が書いてあるため、もしかしたら運命の出会いがあるかもしれません。

不定期に譲渡会を開催しているため、気になるのであれば一度連絡してみてはいかがでしょうか。

ペットの命

ペットの命は、犬や猫の里親募集をしているサイトです。

里親募集のほか、迷子犬の情報も共有してあります。

子犬の情報は少ないですが、こまめにチェックしていると気になるフレンチブルドッグに出会えるかもしれません。

黒いフレンチブルドックのブリーダー紹介

French Bulldog, 3 years old, sitting, isolated on white

Eric Isselee/shutterstock.com

フレンチブルドック-プティ

埼玉県深谷市にあるフレンチブルドッグ専門のブリーダーです。

40年の歴史があるブリーダーであるため、まさにフレンチブルドッグのプロであるといえるでしょう。

サイト内で子犬の選び方等のガイドもあるため、初めてフレンチブルドッグを飼う人でも安心して選ぶことができます。

様々なカラーの子犬がいますので、こまめにチェックしていると黒いフレンチブルドッグに出会えるかもしれません。

エクセレントカインド

千葉県香取郡に位置する、フレンチブルドッグの専門ブリーダーです。

緑が多い場所で広々としているため、日々犬たちが運動をすることができる環境で、ストレスの少ない生活を送っています。

フレンチブルドッグらしい陽気な性格の犬を繁殖することを心がけており、性格の良い子犬が多いことが特徴です。

もちろん黒いフレンチブルドッグの子犬も在籍しています。

バイロングローブFB

大阪府富田林市にあるフレンチブルドッグ専門のブリーダー。

黒いフレンチブルドッグの子犬も扱っています。

ネット上で気になる子犬がいれば、直接見てみないとわからない点もあるため、直接子犬を見に来ることを推奨しています。

わからないことがあれば何でも聞いてみると、親切に教えてくれるでしょう。

黒いフレンチブルドックまとめ

黒いフレンチブルドッグといっても、様々なカラーがいることがお分かりいただけましたか?

希少なブラックブリンドルを見つけることは容易ではないかもしれませんが、気になるのであれば、ご紹介したサイトをこまめに巡ってみると良いかもしれません。

一度フレンチブルドッグを飼うと、その楽しげな性格にやみつきになることでしょう。

フレンチブルドッグの性格から考える!飼い方・しつけのコツとは?

ブルドッグの小型版として見られることが多いフレンチブルドッグは、見かけとは違って意外な一面をもっています。今回は性格やしつけ、飼い方のコツを詳しく解説いたします。

https://mofmo.jp/article/1614

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

黒いフレンチブルドッグと一口に言っても4つも毛並みによって種類が異なるんですね。一つ一つ名称がついていることにも驚きました。白っぽい子も好きだけど特に黒っぽい子が好きなので探す時の参考になります。

1 ポンプ
通報

白っぽいフレンチブルドッグももちろん好きなんだけど、黒い子はもっと好き。黒い方が可愛らしさが倍増しているっていうかね。なんとも言えない可愛さがあって、それが黒い子の方が強いように思うんだよね。まぁ、色に関わらずどの子もかわいいんだけど。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー