タイニープードルの魅力や性格を知ろう!おすすめドッグフードは?

タイニープードルの魅力や性格を知ろう!おすすめドッグフードは?

4917
update
posted2018/03/31

タイニープードルとはトイプードルを一回り小さくしたサイズのプードルのことを言います。最近は小型化が進みタイニープードルやティーカッププードルの人気が高まっています。タイニープードルに関する基本的な知識や、タイニープードルにおすすめのドッグフードを紹介したいと思います。

4917
update
posted2018/03/31

タイニープードルってどんな犬?

Red poodle puppy

Armen Kosyan/shutterstock.com

タイニープードルとはトイプードルを一回り小さくしたサイズのプードルのことを言います。最近は小型化が進みタイニープードルやティーカッププードルの人気が高まっています。

そこで今回はタイニープードルにスポットを当ててみたいと思います。タイニープードルに関する基本的な知識や、タイニープードルにおすすめのドッグフードを紹介したいと思います。タイニープードルを飼っている方も、これから飼うことを検討している方も参考にされてみてくださいね。

タイニープードルの歴史

タイニープードルの歴史はスタンダードプードルから始まります。紀元前から存在しており、紀元前30年頃のローマ皇帝の記念碑にはプードルのような犬の彫刻が施されているようです。大変歴史の長い犬種と言えます。

原産国はフランスで元々は水猟犬として活躍していました。プードルと聞いて思い浮かべるあの独特のプードルカットは、水猟犬として活躍していたプードルの水中での作業のしやすさや、冷たい水から心臓や関節を守るために生み出されたものと言われています。

このおしゃれなカットがフランスの貴族の間で人気となり、徐々にプードルの小型化が始まっていきました。西暦18世紀ころには現在のトイプードルが完成したようです。

日本でのトイプードル人気は20世紀に入ってからでしょう。マンションでも飼うことができる小型犬である上に、かわいらしい見た目と人懐っこい性格で一気に人気がでました。

そして10年ほど前にアメリカでトイプードルよりもさらに小さいタイニープードル、ティーカッププードルが繁殖され現在に至っています。

タイニープードルの特徴

Poodle Puppy on white background

Apple_Foto/shutterstock.com

タイニープードルの大きな特徴はその小ささでしょう。

国際基準で認められているプードルの大きさは4つで「スタンダード」「ミディアム」「ミニチュア」「トイ」です。つまりタイニープードルは国際基準では認められていないということなのです。ですから分類としてはトイプードル扱いとなっています。血統書を見ても「トイプードル」です。

ちなみにティーカッププードルはタイニープードルよりもさらに小さい大きさとなっています。

大きさ

タイニープードルは国際基準では認められていないので、体重や体高の規定がありません。ですからブリーダーたちによる基準を紹介したいと思います。

タイニープードルが成犬になった時の体重は1.8~3.5キロ、体高は23センチ程度が目安となっています。

つまり子犬の時点ではその子がトイプードルなのかタイニープードルなのかはわからないかもしれませんね。タイニープードルは約半年ほどで成犬の大きさになるといわれています。

外見

タイニープードルの体型には2種類あります。体調と体高がほぼ同じスクエアタイプ、足が短めのドワーフタイプです。

他にはマズルが短く、耳も口も小さいのが特徴です。体が小さい分全体的にこぢんまりとしています。

他はトイプードルと同じくシングルコートの巻き毛が特徴です。

カラー

タイニープードルのカラーで人気なのは、ブラック、ブラウン、ホワイト、レッド、アプリコット、シルバーです。

他にも豊富なバリエーションがあり、すべての毛色を組み合わせると14種類のカラーになります。特に人気が高いのはやはりレッドでしょう。

タイニープードルの性格

タイニープードルの性格は基本的にはトイプードルと同様です。

非常に賢く、明るく社交的で人懐っこい性格をしています。それでいて賢く学習能力が高いのでしつけのしやすい犬種といえるでしょう。

始めて犬を飼う方もしつけがしやすく感じると思います。ただしトイプードルよりも小さい分、神経質な一面や幼さを感じるかもしれません。

他にもトイプードルの場合、カラーによって性格に差が出るといわれていますので、タイニープードルに関してもその影響はあるかもしれませんね。

一般的にレッドは元気な性格、シルバーは従順、ブラックは落ち着きがある性格、ホワイトは甘えん坊で従順、ブラウンはマイペースといった特徴があるといわれています。しかし個体差があることですので参考程度にされると良いでしょう。

タイニープードルの魅力

smiling cute white dog sit on bench in garden

NANTa SamRan/shutterstock.com

ではタイニープードルの魅力とは何でしょうか?

小さくてかわいい

タイニープードルの最大の魅力は何といってもその見た目です。

クルクルの巻き毛で愛らしい表情で人気の高いトイプードルよりもさらに小さいということで、いつまでも子犬のようでかわいいことがタイニープードルの魅力の一つです。

また体が小さいので、お出かけの時も簡単です。車に乗せるのも簡単ですし、キャリーバッグに入れて電車やバスで移動もできるでしょう。身体が小さく軽いので、非常事態にさっと持ち上げて移動できるのも魅力です。

しつけがしやすい

もともと水猟犬として活躍してきたプードルですので、タイニープードルも頭の良い賢い犬種です。教えたこともすぐに覚えるので、大変しつけのしやすい犬種と言えます。トイプードルも賢い犬第二位でしつけのしやすいことで有名です。

社交的

タイニープードルは社交的な性格ですので、誰とでも仲良くなれます。初めて犬を飼う方でもタイニープードルはすぐに打ち解けられるので、初めて飼う犬としておススメです。

また飼い主に対してだけでなく初めて会う人に対しても社交的ですので、来客時におとなしくしていられるでしょう。散歩の時にも他の犬とトラブルになることも少ないかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー