レーキングって知ってる?犬にとってどんなメリットがあるの?

レーキングって知ってる?犬にとってどんなメリットがあるの?

4579
update

愛犬の被毛をケアする方法にレーキングというものがあります。換毛期の抜け毛対策となるレーキングの具体的な方法や、それによって犬とってどんなメリットがあるのか考えてみましょう。おすすめのレーキンググッズも紹介します。

4579
update

愛犬の被毛をケアする方法にレーキングというものがあります。

換毛期の抜け毛対策となるレーキングの具体的な方法や、それによって犬とってどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

おすすめのレーキンググッズも紹介します。

犬のレーキングとは?

ブラッシング

Joerg Huettenhoelscher/shutterstock.com

レーキングとは、ダブルコートの犬種のケアするひとつの方法です。

アンダーコート、つまり下毛だけを抜いて処理することです。

換毛期には、アンダーコートは自然に抜けますが、中にはきちんと抜け切らない毛があります。

自然に抜けきれなかった死毛をきちんと処理するためにレーキングを行います。

必要な道具を揃えれば自宅でレーキングすることができます。

トリミングサロンでもレーキングしてくれるところがあるので、尋ねてみることができます。

レーキングが必要な犬種は?

単にロングコート、つまり長毛種だからレーキングが必要だと限りません。

レーキングによるケアを必要とする犬種を取り上げます。

パグ、チワワ、ミニチュアダックスフンド、キャバリア、コーギー、シェルティーです。

ラブラドール、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーもレーキングをすると良い状態に保てます。

ダブルコートの柴犬、ポメラニアンなども、レーキングによるケアがすすめられる犬種です。

アンダーコートと言うのは下毛の事で柔らかい毛です。柴やハスキーなど毛が密集しているワンちゃんに見られ、ほわほわした毛が抜けかけているのを見たことはありませんか? この下毛をブラッシングで取っておかないと毛玉になりやすくなってしまいます。オーバーコートは反対に上毛の事を言います。同じ意味でトップコートとも言います。こちらはアンダーコートと違い硬い毛質です。この2種類のコートを持つワンちゃんをダブルコートと言います。換毛期に毛が大量に抜けるワンちゃんです。コーギーや柴、ポメラニアン、レトリーバー種、ハスキーがこれにあたります。
出典:http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000404&CatgM=4

ダブルコートの犬種は、柔らかい下毛をきちんと処理するためにレーキングが必要なんですね。

バリカンじゃダメなの?

バリカンでカットしても、被毛をメンテナンスできるのではと考えてしまいますよね。

しかしバリカンでカットすると、被毛に良くない変化が表れてしまうことがあります。

被毛の、特に体を保護する役割をもつオーバーコートをざっくりカットしてしまいます。

カットされた上毛がきちんと再生しないことがあるため、そうなるとムラになってしまいます。

ダブルコートの犬種の被毛は、基本的にオーバーコートはカットしないようにしましょう。

アンダーコートだけを取り除くなら、犬の体への悪影響を抑えられます。

デメリットを考えて、バリカンを使いたくない方にはレーキングがおすすめできます。

次のページメリットは何?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー