ミヌエットってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

ミヌエットってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

2474
update

日本ではまだ馴染みのないミヌエットですがその可愛い顔と短い手足に癒されること間違いありませんよ。でもミヌエットはどんな性格をしているのか知りたいですよね。まわりにミヌエットを飼っている方はまだまだ少ないはずですので飼い方を知っておくと予備知識として役立つに違いありません。ミヌエットの紹介記事です。

2474
update

ミヌエットの特徴

Munchkin cat standing on 2 legs

Kwanbenz/shutterstock.com

ミヌエットの特徴で目立っているのは手足の短さです。

これはミヌエットを誕生させた目的が、手足の短い猫種を作ることでしたので好みの猫ですと思わず見とれてしまうことでしょう。

寿命がやや短いので一緒に居られる時間が貴重な時間となりますね。

ぶさ可愛い顔の表情がたまりませんので子猫の時から飼うならずっと愛情を注げられる猫種になりますよ。

身体的な特徴

足の短さとペルシャのようなフワフワとしたロングヘアの被毛が特徴です。

とはいえ短毛のショートヘアのミヌエットもいますし、手足が長くなっているミヌエットも存在していますがこれは混血種ゆえに生じる特徴ともなっています。

また顔の大きさも特徴的でまん丸くて体に対して大きなサイズになっています。

目はペルシャのような真ん丸な目をしており、少し離れ気味でブルーやグリーンの色をしています。

耳は小さく飾りのようになっていて大きな顔にとってはバランスが絶妙といえます。

そして首も太めになっていて筋肉質な体つきです。

顔の表情はぶさ可愛い見た目ですので一度見ると忘れられない猫種といえるかもしれませんね。

さらに鼻先には額とのつなぎ目に当たる部分にくぼみが生じていますが、これは呼吸器疾患を防ぐためにそうなっているようでペルシャ系の猫にはよく見られる現象です。

寿命や体型

寿命は13歳前後とされています。

猫の寿命としては若干短いかもしれませんね。

それでもケアがしっかりなされれば長寿になることも可能な時代ですので毎日のお手入れや食事、愛情表現を怠らないようにしましょう。

体重の平均はオスで3.5キロ前後、メスで3キロ前後といったところですので猫種の中ではやや軽めの体重といって良いでしょう。

ただフワフワの被毛をまとっていますので見た目は大きく感じるかも知れませんね。

ミヌエットの歴史は?

ミヌエットが初めて世の中に誕生したのは1996年の事です。

その時の猫種の命名は「ナポレオン」とされていましたが2015年5月になって「ミヌエット」と改名されました。

このミヌエットを生み出したのは猫のブリーダーではありませんでした。

生みの親のジョセフスミスはバセットハウンドという犬種のブリーダーをされている方でしたが、「マンチカン」という猫が足が長いと捨てられるという事実を知ります。

もともとバセットハウンドも足の短い犬種ですがジョセフスミスはこの足の短い犬種が好みだったようです。

そしてマンチカンも足の短い猫種として知られています。

このマンチカンの手足がいつでも短く生まれてくるように改良を試みるようになります。

そこで行われたのがマンチカンとペルシャの交配でした。

さらにヒマラヤンエキゾチックショートヘアーと組み合わせを行いミヌエットが誕生したのです。

しかし1996年誕生のミヌエットはまだまだ認知度は低く日本でもペットショップで見かけることはほとんどありません。

ブリーダーはいないことはないのでミヌエットが欲しいという方はブリーダーを探すことから始めることになるでしょう。

被毛はペルシャのフワフワとした毛で、マンチカンの短い手足という何とも愛嬌のあるミヌエットは今後人気が増してくる可能性を秘めています。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ん?一瞬メヌエットかと思ったけど、文字をよく見てみたらミヌエットだったのね。メヌエットは音楽だから、まさかねと思ってよく確認したから気づけたけど、間違えやすそうな名前。これはさておき、とっても美人さんな猫さんねぇ。私もこんな美人になりたいくらい(笑)

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー