猫がハイタッチしてくる時の心理とは?猫とハイタッチしてみよう!

猫がハイタッチしてくる時の心理とは?猫とハイタッチしてみよう!

3103
update

誰もが憧れる猫とのハイタッチ。ここでは、猫が私たちとハイタッチしてくれる理由や、その時の心理をご紹介します。猫の気持ちを理解してあげるなら、猫と上手にハイタッチできますよ!

3103
update

猫のハイタッチは最高にかわいい!

ハイタッチする猫と人間の手

Suzanne Tucker/shutterstock.com

猫に対して手のひらをみせると、まるでハイタッチするかのように自分の手のひらを合わせてくることがあります。「猫のハイタッチ」として知られる仕草は非常に可愛らしく、多くの人の憧れです。

自分の飼い猫ともハイタッチできるでしょうか?ハイタッチする猫の心理が分かるなら、上手にハイタッチを誘ってあげることもできるでしょう。

ハイタッチできる猫は、飼い主だけでなく家を訪れるお客さんからも大人気になるでしょう。その様子を写真に収めることができるなら、SNSでシェアして世界中の人気者になれるかもしれませんね。

猫がハイタッチしてくる時の心理

猫と遊ぶ飼い主

Anna Kraynova/shutterstock.com

ハイタッチはもともと、人間同士が意気投合したときに行うコミュニケーションの一種ですよね。猫も同じようにハイタッチしてくれますが、それにはどのような意味があるのでしょうか?

猫がハイタッチしてくる時の心理を考えてみましょう。

手が気になる

一番の理由は「なんとなく気になる」でしょう。飼い主さんが目の前に手をかざすことは珍しいことですよね。猫も「いったい何なのかな?」と興味が出て、手をかざしてしまうのでしょう。

また、ハイタッチした後の飼い主さんの反応が知りたいという子も多いでしょう。そもそも、猫にはハイタッチという概念がないので、目の前の物体(手のひらとさえ認識していないかも)が気になってしまうのも無理はありません。

狩猟本能が刺激される

猫には狩猟本能があります。獲物を捕まえるために必要なものですが、それらが刺激されることで、獲物に見えるものであればなんでも触ったり追いかけたりする傾向があります。

例えば、小さい虫や猫じゃらし、またはボールなどのおもちゃ、時にはカーテンなども獲物のように見えてしまうことでしょう。そのため、目の前に突如現れた手のひらを動く獲物のように感じてしまうこともあるのです。

獲物に対して猫が取る行動は「捕らえる」です。動きを止めようと、思わず手を出してしまうのでしょう。

「遊びたい!」

飼い主さんと遊びたいので、手を出してくれるのかもしれません。

この行為は人間と猫だけに限らず、猫同士でも見られます。お互いに手を出し合って遊んでいるのですね。

遊びたい猫は、ハイタッチだけにとどまらない可能性があります。最初は手を合わせるだけですが、次第に両手で手のひらに抱えたり、噛みついてきたりするかもしれませんね。ヒートアップすると、ターゲットが手のひらから腕に移行することもあります。

猫が遊びたくてハイタッチしてきたのなら、飼い主さんもハイタッチに固執しないで、一緒に遊んであげてくださいね。

防衛反応

猫たちは防衛反応で手足をかざすこともあるようです。

猫の視点で考えてみると分かりやすいです。私たちとしてはハイタッチしたくて手のひらを向けるのですが、何も知らない猫からすると、「いきなり大きな手のひらが迫ってきた!」と感じてしまうのですね。

私たちが目の前にボールが飛んできたときには咄嗟に手をかざして防御するのと同じように、猫も咄嗟に防御しているだけなのです。

猫が防御反応でハイタッチするときには嫌な顔をしたり、威嚇が伴ったりします。そんな時には、潔くハイタッチを諦めましょう。

おやつが貰える?

猫たちの中には、ある動作をするならおやつが貰えると学習できる賢い子がいます。これは訓練によって身につくものです。

おやつを使ってハイタッチの訓練をすると、「おやつが欲しい」という気持ちからハイタッチしてくれるでしょう。

コミュニケーションを取りたい

飼い主さんのことが好きで、コミュニケーションを取りたいという気持ちから、ハイタッチしてくれることもあるでしょう。

ハイタッチを理解しているわけではありませんが、飼い主さんが手を出してくれたから、その手に触りたいという気持ちなのでしょう。飼い主さんに構ってほしいという心理の表れかもしれませんね。

猫とハイタッチするには?

手を上げる猫

Zoo Design/shutterstock.com

猫がハイタッチしてくれる時の心理を理解することができましたね。

では、猫と意図的にハイタッチするにはどうすればよいのでしょうか?おすすめは、おやつを使ったトレーニングです。

最初は小さなおやつをもった手を猫の目の前に掲げてください。猫が手をタッチしてきたなら、おやつを与えましょう。何度か繰り返して「タッチするとおやつが貰える」ことを理解してもらいましょう。

次は、おやつを持っていない手を目の前に掲げてみましょう。これにタッチできるようになったら、おやつを与えてください。おやつを持っている手と持っていない手を交互にかざすことで、持っていない手でもタッチしてもらえるでしょう。

猫とのハイタッチ写真を撮ろう!

猫がハイタッチする心理が分かると、猫と上手にハイタッチできるようになるでしょう。カメラを向けつつハイタッチするなんてことも可能です。是非、可愛らしいハイタッチ写真を撮ってみてくださいね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー