猫のフワフワな胸毛を楽しもう!胸毛が美しい猫種やケアの方法を紹介!

猫のフワフワな胸毛を楽しもう!胸毛が美しい猫種やケアの方法を紹介!

3974
update

長毛種の猫の特徴の一つに、立派な胸毛があります。首元から胸にかけて長い被毛をもっており、ゴージャスで高貴な印象を与えてくれます。ここでは、フワフワな胸毛を持った猫種やケアの方法をご紹介します。

3974
update

フワフワで美しい⁉︎猫の胸毛とは?

猫

pixabay.com

「胸毛」と聞くと、人間の男性がたくわえている胸毛を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、胸毛を持っているのは人間だけではありません。

猫たちの豊かな胸毛は華やかで高貴な印象を与えてくれるため、胸毛が立派な猫を飼育したいと感じる人は多いものです。

猫の胸毛ってどこ?

最初に、猫の胸毛がどこにあるかご紹介します。

そもそも、猫は人間と違って身体全体に被毛が生えている生き物です。そのため、被毛の位置を明確に定義するのは難しいでしょう。

ですから、猫の胸毛は「首元から胸のあたり」に生えている被毛といえます。特に、胸毛が長く毛量も多いと、首まわりにファーを巻いているような見た目になります。フワフワの被毛が胸元にあり、可愛らしさと豪華さを演出してくれるのです。

胸毛が長い猫ってどんな猫?

では、そのようなオシャレな雰囲気を醸し出す長い胸毛をもつ猫とはどんな猫なのでしょうか?基本的には、長毛種の猫を選択することになるでしょう。身体全体の被毛が長いので、当然胸毛も長いのです。

ただし、長毛種であればどんな猫でも構わないわけではありません。被毛の長さの微妙な違いや毛質、色によって印象がかなり変わってしまうからです。

しっとりとしてウェーブのかかった胸毛を選ぶ飼い主さんもいるでしょうし、フワフワで真っ白なタンポポの綿毛のような胸毛が良い飼い主さんもいるでしょう。

また、胸毛が長くても癖が強くて、オシャレというよりは少し汚く見えてしまう場合もあります。どんな胸毛が好きかよく考えてから、好みの猫を選択できると良いでしょう。

胸毛が美しい猫たち

ペルシャ猫

pixabay.com

ここからは、胸毛が美しい猫種をご紹介します。それぞれの猫には胸毛だけでなく、身体や性格にも特徴があります。

総合的に見て、飼い主さんの価値観にあった猫を選んでください。

ペルシャ

ペルシャは「猫の王様」と呼ばれるほど、華やかなで高貴なイメージがあります。加えて、その可愛らしさから多くの人の注目を集めてきました。

ダブルコートの長毛であり、フワフワかつ厚みのある胸毛を楽しめます。真っ白な胸毛が気に入る飼い主さんも多いでしょう。

ちなみに、ペルシャの性格は非常に穏やかであり、滅多に鳴くこともありません。おっとりしていて運動量も少ないので、集合住宅などでも近所迷惑にならずに飼育できます。

ラグドール

ラグドールはアメリカ原産の猫です。ラグドールの名前の由来は「ぬいぐるみ」であり、その名の通り可愛らしい見た目が特徴的です。ダブルコートの長毛種であり、胸元にも厚みのある被毛がたくわえられています。基本的には白色をベースとしていますが、顔や手足、尻尾などに濃い模様が入ることもあるでしょう。

「ぬいぐるみ」という由来の通り抱き心地は抜群で、ラグドール自身も抱っこされることを好みます。人と接することを嫌がらないので、子供たちのいる家庭でもおすすめできます。

ラグドールも比較的静かで穏やかな性格なので、どんな場所でも飼育しやすいというメリットがあるでしょう。

スコティッシュフォールド

折れ曲がった耳が特徴的なスコティッシュフォールドも、胸毛が美しいことで有名です。

基本的に、スコティッシュフォールドは短毛種であり、胸毛はそれほど長くありません。それでも、きめ細かい被毛は肌触りと見た目がよく、毛布を撫でているような感覚になります。

また、スコティッシュフォールドには人工的に作出された長毛タイプやセミロングタイプが存在します。

被毛が長くなる分、お手入れは難しくなりますが、よりゴージャスな印象を与えてくれるでしょう。胸毛の触り心地も格段にアップするので、胸毛好きにはおすすめできます。

サイベリアン

ロシアが原産のサイベリアンは、「シベリア」という地名に由来しています。寒い地域でも十分生活できるような重厚な被毛を備えています。もともとの体格もしっかりとしているため、被毛と相まってかなり威厳が感じられます。

サイベリアンの被毛は基本的にダブルコートですが、中にはトリプルコートの子も存在しているようです。

毛量の多い胸毛はかなり長く、同時にしなやかさも備えています。まさに王様のような風格を醸し出しており、サイベリアンが座っているだけで絵になります。

胸毛のケアはとても大切

ラグドール

pixabay.com

胸毛が美しい猫種を紹介しましたが、それらの猫たちにはどうしても余分のお世話が必要であることを知っておきましょう。

胸毛は長い分汚れやすく、衛生上も見た目上も悪くなりがちです。こまめにケアしてあげましょう。当然ですが、毎日のブラッシングは欠かせません。毛玉ができたり絡まったりしないようこまめにほぐしてあげてください。

また、定期的にシャンプーすることも大切です。特に、胸毛をしっかり洗ってあげましょう。

さらに、あまり知られていませんが歯磨きも大切です。猫たちが歯周病になってしまうと口臭が発生しますし、その臭いがよだれを通して胸毛に付着してしまうのです。口内環境には絶えず気を配ってあげるべきです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー