洗濯物の上に乗るのはやめて~!猫が洗濯物に乗る7つの理由と対処法を紹介

洗濯物の上に乗るのはやめて~!猫が洗濯物に乗る7つの理由と対処法を紹介

3193
update

飼い主さんが洗濯物をたたんでいると、猫がやってきて洗濯物に乗ることがあります。せっかく洗った洗濯物の上に乗られてショックを受ける飼い主さんも多いです。今回は猫が洗濯物に乗る理由をご紹介します。

3193
update
洗濯物の上に乗るのはやめて~!猫が洗濯物に乗る7つの理由と対処法を紹介

綺麗に洗った洗濯物が乾いた後は、収納するためにたたまなければいけません。しかし、飼い主さんの気持ちを知ってか知らずか…そんなタイミングに合わせて猫がやってきます。

そして何食わぬ顔で洗濯物の上に乗ります。他にも座る場所はあるのに、あえて洗濯物の上に座っているように思えます。

せっかく洗った洗濯物に抜け毛が付着したりシワになったりすると、飼い主さんとしては何ともいえない気持ちになるでしょう。

洗濯物をたたもうとするたびに「洗濯物に乗ろうとする猫」と「それを阻もうとする飼い主さん」との攻防戦が繰り広げられている家庭もあるようです。

この記事では、猫が洗濯物の上に乗る理由と対処法を解説します。

猫が洗濯物に乗る7つの理由

猫

pixabay.com

猫が洗濯物に乗る理由は複数考えられます。ですから、乗ってくるときの猫の仕草や目線を確認して、猫の本当の気持ちを知るようにしましょう。

洗濯物に乗る猫の気持ちが分かれば正しい対処もできますよ。

1.構ってほしい

洗濯物に乗る猫のほとんどが「構ってほしい」という理由で乗ります。では、なぜ構ってほしくて洗濯物の上に乗るのでしょうか。これは飼い主さんの反応と密接に関係しています。

基本的に、洗濯物の上に乗った猫に対して、飼い主さんは声を上げたりどかせようとしたりと、猫に対して何らかのアクションを起こします。猫はそのことを覚えているので、構ってほしい時にはあえて洗濯物の上に乗るのです。

飼い主さんとしても猫が乗ったままにはできないので、どうしても猫に構ってしまいます。そして猫はまた味を占めて、繰り返します。

2.一緒に遊びたい

「構ってほしい」という動機と似ていますが、ただ反応してもらいたいというよりも一緒に遊んでもらいたくて洗濯物に乗る場合もあります。

特に運動不足だったりストレスが溜まっていたりすると、飼い主さんと遊びたがる傾向にあります。飼い主さんが取ろうとした洗濯物にしがみつき、洗濯物を猫じゃらしのように扱ってくることもあります。

洗濯物がボロボロにならないうちに、別のおもちゃで遊んであげるようにしましょう。

3.いたずらが好きだから

猫

pixabay.com

いたずら好きの猫は飼い主さんが困っている姿を見て楽しむことがあります。障子を突き破る猫と同じように、あえてきれいにたたまれた洗濯物をぐちゃぐちゃにしたくなるのです。

こちらも飼い主さんの反応を見てエスカレートするタイプの行動なので、頻繁に洗濯物に乗られる方は対処方法を変更したほうが良いでしょう。

4.温かいから

日の光を受けていた洗濯物や、乾燥機から出したばかりの洗濯物はとてもぬくぬくしています。猫は暖かい場所や温かいものが好きなので、あえて温まった洗濯物の上に乗ることがあります。

取り込んだ洗濯物の上でとても気持ちよさそうにしているなら、これが理由だといえるでしょう。

ちなみに洗濯物自体が温まっていなくても、素材そのものが床の冷たさを緩和するので、洗濯物の熱に関係なく乗ってくることもあります。

5.飼い主さんのにおいが付いているから

長く着用してきた衣服には飼い主さんのにおいが少なからず付着しています。もちろん、洗ったばかりなので洗濯前ほどのにおいはありませんが、猫の嗅覚はごまかせません。

猫は大好きな飼い主さんのにおいがあると安心するので、自然と洗濯物の上に乗ってしまいます。

6.肌触りが好き

猫

pixabay.com

猫によっては、ツルツルとしたフローリングの床よりも布地の上でくつろぐのを好む場合があります。猫にとっては洗濯物のゴワゴワ感が心地良いのです。

また服の素材によってはフワフワの肌触りのものもあります。このようなフワフワ素材を好む猫も多いです。自分の母猫の被毛に包まれたように感じているのかもしれません。

7.自分のにおいを付けたい

猫はマーキングする動物です。自分のにおいが薄まっていると、不安に感じて身体を擦り付けマーキングします。

洗濯した後の衣類からは猫や人間のにおいがある程度消されています。そのため「もう一度、マーキングしなければ」と思うのです。

猫が洗濯物に乗ったときの対処法

寝ている子猫

pixabay.com

猫が洗濯物に乗る気持ちが分かったのであれば、後は上手に対処してあげるだけです。

構ってほしい猫には「無視」が一番です。構ってあげると余計にエスカレートしますので、反応しないようにしましょう。

もちろん、別の機会に十分構ってあげる必要もあります。一緒によく遊んであげて、洗濯物に乗る以外のところで欲を満たしてあげてください。

しかし、それでもなかなかやめてくれないかもしれません。また、そもそも別の理由で洗濯物に乗っている可能性もあります。

そんな時には、猫専用の布を用意してあげましょう。ダミーの布を用意して大切な洗濯物が犠牲にならないようにできます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー