高級犬種ってどんな犬?高級犬ランキングベスト5!

高級犬種ってどんな犬?高級犬ランキングベスト5!

2382

犬を家に迎える際に最も費用がかかるものとして、犬自体の価格です。また、ブリーダーやペットショップによっても変わりますが、犬種によっても大きく変わります。今回は、犬種の中で犬自体の費用が高い高級犬種ランキングベスト5について紹介していきたいと思います。

2382 |

高級犬種ランキングNo.5 マルタで生まれたラップドッグ、マルチーズ

マルチーズ

www.flickr.com

高級犬ランキングNo.5であるマルチーズは、紀元前1500年頃にマルタ島にフェニキアの水夫たちが持ち込んだ犬が元になっている犬種で、紀元前300年頃には記録が残っているのでこの頃には既に存在していたとされるかなり古い歴史を有する犬種です。 上級階級の夫人の間ではラップドッグとして高い人気を誇る高級犬種です。 また、日本では1855年頃に持ち込まれ、1970年代の高度成長期にはポメラニアンやヨークシャー・テリアと並んで座敷犬御三家と呼ばれるほど高い人気を誇り、現在でも高い人気を博している高級犬種です。 マルチーズの価格は、約13~30万円ほどが相場となっています。 純白の被毛に真っ黒な目と鼻が高級感のあるチャームポイントですが、美しい被毛を保つためにはこまめな日々お手入れとトリミングサロンでの施術が必要です。 眼瞼内反や逆さまつ毛などで涙が出やすく涙ヤケや目の病気にも起こしやすい犬種なので医療費も十分に用意しておいたほうがよく、大切に飼えば20歳近くまで長生きできるのですが、シニアになってからは歯周病にも注意とケアが必要なことからも継続して費用がかかるという意味でも高級犬種だと言えます。

高級犬種ランキングNo.4 マルチーズと並んだ座敷犬御三家の1犬種、ヨークシャー・テリア

高級犬種ランキングNo.4であるヨークシャー・テリアは、美しい絹糸のような毛質から動く宝石ともいわれる日本でも高い人気を誇る犬種です。 ヨーキーという愛称でも知られるヨークシャー・テリアは、19世紀の中頃のイギリスのヨークシャー地方の工業地帯において、ネズミ狩りをする狩猟犬として作出されました。 当時の犬種名は、ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリアと呼ばれ、非常に長い犬種名だったために、現在のヨークシャー・テリアになりました。 ヨークシャー・テリアは、可愛らしい見た目とは違って冒険が大好きなエネルギッシュな犬種で、テリア犬種らしく大胆で気が強い部分もある高級犬種です。 ヨークシャー・テリアは、マルチーズよりも少し高い約15~30万円が相場です。

高級No.3 古代エジプトの君主の称号であるファラオの名を持つ古代犬種、ファラオ・ハウンド

高級犬種ランキングNo.3であるファラオ・ハウンドは、外から隔離された環境で長年純血を保ってきた古代犬種です。 古代エジプトの時代には、狩猟について記録が残っていて、長い歴史を有する犬種で、日本ではあまり人気がある犬種ではありませんが、原産国であるマルタ共和国では国犬の称号が与えられました。 また、ファラオ・ハウンドは興奮すると鼻や耳に血液が集中して顔が赤くなるという特徴がある犬種です。 人懐こく、愛情深い性格をしていて、子供にも寛容なので子供がいる家庭でも飼育ができる高級犬種です。 ただ、もともとウサギ猟をしていた狩猟犬なので、猫や小動物を見ると追いかけてしまう習性があるので、一緒に飼育する場合には注意が必要です。 ファラオ・ハウンドを家に迎える為には17~26万円ほどかかります。

高級犬種ランキングNo.2 ドイツ生まれの警備犬、世界でNo.2の高級犬種ワイラー

ロットワイラーは、もともとはロットワイラー・メッツァフンドという犬種名でしたが、イメージが悪いという事で現在のロットワイラーとなりました。 もともとは闘犬として使役していましたが、頭が良かったために牧牛犬として改良され、牧牛犬として活躍しました。 また、首から現金を掲げて、それを取ろうとする者に対して容赦ない攻撃を咥えて現金を守った事から生きた金庫と呼ばれ、警備犬としても活躍しました。 基本的には落ち着いた性格で、子供も好きなので子供の相手としても適している犬種です。 また、飼い主や家族に対しては従順な性格で、非常に用心深いので番犬としても活躍できます。 そんなロットワイラーの価格は、今までの犬とは違い、約87~131万円もします。かなり高額で、簡単な気持ちでは手が出せない高級犬種犬ですね。

桁が違う、高級犬種ランキングNo.1の高級犬種、チベタン・マスティフ。

高級犬種ランキングNo.1である世界で最も高額の犬とされるのが、チベット高原が原産地とされる超大型犬チベタン・マスティフ。 3000年前からチベットで知られていた古代犬種で、ヨーロッパが原産地のマスティフの多くの先祖とされ、アレキサンダー大王の軍隊と共に東に渡ったとされる犬種です。 19世紀の初めには絶滅の危機に瀕しましたが、絶滅は脱していますが、稀少犬種である事に変わりはありません。 性格は、飼い主や家族に従順で愛情深く、子供に対して優しく接する犬で、日中のほとんどを寝そべっているとされる大人しい犬種です。 ただ、縄張り内に侵入者を確認すると、警戒心を一気に高め、場合によっては攻撃を加えます。 チベタン・マスティフの価格は、中国では約130~1億5000万円にも達し、過去最高金額は約2億円にも達した事もあるとされるほど、かなりの高級犬種です。 これは、稀少性が高い為に起こる現象で、2013年には中国で動物園でライオンと偽って展示していたという事件まで発生しています。なかなか手が出す事ができない犬種といえます。

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

生き物に値段をつけるのはあまり良いことではありません。

3 ないと
通報

13万円程度ならそんなに高級っていうのは感じないけど、もう30万円を超えると高級で手は出せません。30万円もあったら他に何ができるかなとかつい考えてしまいます

3 コーヒー
通報

「高級」って言われちゃうと、なんかどうしても身構えてしまいます。どれくらいの価格なのかとドキドキしつつ、スクロールしていったら、中国で二億円に到達したとか、、で、つい目を見開いてしまいましたよ。自分の見間違いかとも思って、二度読みしましたもの。

3 もも
通報

100万円を超えるとか、桁違いすぎてびっくりしますね。どの犬も飼育したら可愛くて、値段なんか関係なくなっちゃうと思うんだけどね。高い犬だからって他の犬と何が違うかって言ったら希少性とか見た目とかで、犬自体が特別なわけではないし。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー