季節の変わり目に使える!気になる犬の抜け毛の上手な掃除方法

季節の変わり目に使える!気になる犬の抜け毛の上手な掃除方法

2450
update

季節の変わり目になると人間が衣替えをするように、犬も衣替えを始めます。犬には夏毛と冬毛があり、季節の変わり目を迎えると特に抜け毛が多くなります。中には毛が短く抜け毛の少ない犬種もいますが、どんな犬でも抜け毛があるので掃除が必要です。ここでは愛犬の抜け毛の予防方法と、上手な掃除の仕方をご紹介します。

2450
update

抜け毛の予防法

柴犬 笑顔

jekjob/shutterstock.com

犬の抜け毛の原因は、季節の変わり目などの生え代わりによる抜け毛や、病気による抜け毛が主な原因です。犬はシングルコートとダブルコートという2種類の毛質に分類されます。シングルコートとは通年同じ毛で過ごし、多少の毛の生え代わりがある犬の事を言います。ダブルコートとは、春と秋に毛の生え変わりがあり抜け毛の多い犬種です。

季節の変わり目などによる抜け毛の場合

こまめなブラッシングや、トリミングをすることにより幾分かは抑えられます。犬は体温調節のため毛の生え代わりが起こっていますので、健康のためにも根気強くブラッシングなどをしてあげましょう。ブラッシングにより犬とのコミュニュケーションが取れたり、皮膚の血行もよくなるので、犬にとっても人にとっても大切な行動です。

病気による抜け毛の場合

シングルコートの犬から大量の抜け毛があったり、円形脱毛症のようなはげが見つかった場合は、皮膚疾患を疑ってください。そのほかにも、ふけやかゆみなどの症状のある場合は、いち早く病院へ連れていく必要があります。犬の皮膚はデリケートであり、ダニやカビ、アトピーなど引き起こしやすいです。家の中の衛生管理をしっかりと行い、病院で治療を受けると脱毛の症状がなくなり、抜け毛が減少していきます。

抜け毛の掃除方法

掃除機

ROLAND ANCLA LEGASPI/shutterstock.com

抜け毛の予防方法がわかれば後はすでに抜けてしまった毛の掃除方法さえ知れば、抜け毛に対してのストレスはなくなります。そしてより効果的な掃除方法を行えば、衛生環境も整えられ、抜け毛の落ちていないクリーンな空間を作ることが出来ます。

床に落ちた犬の毛の掃除には

・フローリングの場合 「セーム革」をさっと濡らしフローリングを撫でるだけで、雑巾などの布より格段に犬の毛を集めることが出来ます。

・カーペットの場合 「ラバーブラシ」を使用しカーペットの上の毛をかき集めましょう。

フローリングやカーペットなら、掃除機で十分ではないかと思っていませんか?しかし掃除機を使用した場合、人間の髪の毛よりもはるかに軽い犬の毛は舞い上がってしまいます。掃除機を終えたころにまた落ちてきてしまい、掃除してもきりがない!という状態を招いてしまっているのです。そんな状態を回避するために、この方法はとても有効です。

服についた犬の毛の掃除には

粘着ローラーやガムテープを使用していませんか?確かに犬の毛は取れますが、大事な洋服がどんどん傷んでしまいます。そんな時おすすめなのが、「毛取りブラシ」100円均一でも売っているので、犬を飼われている方には必須だといえます。

まとめ

どんな犬も抜け毛は必ず起こってしまいます。しかし、予防法や掃除法を知っておけば犬の抜け毛に悩まされることはありません。今まで悩んでいた方も一度試してみると、今までの悩みが嘘だったかのように解決されるかもしれませんよ。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (6件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

6 名無しさん
通報

犬に抜け毛は当たり前ですが、抜ける毛の量が異常に多い際には、病気が隠れているケースもあるんですね。こういうことを知っておくって大切ですね。知らなければそのままにしてしまいそうですけど、知っていると異変に気付き、速やかに適切な行動が取れます。

5 名無しさん
通報

掃除機さえ使ってればオッケーじゃないんだ!嘘!掃除機だけでいつも済ませてたよ。ちゃんと掃除をした気分になってたけど、まだ残ってる可能性がありそうなのがわかって怖くなってきた。もう少し徹底した掃除しなきゃ意味ないよなぁぁ。

4 名無しさん
通報

ガムテープとかはよく使うんですけど、おっしゃる通り、服がボロボロになります。特にセーター類などは、どんどん毛羽立ってしまって、外では着られないレベルにまでなっちゃいます。なので部屋着に回すんですけど、もうこれ以上は傷ませたくないので、毛とりブラシ買ってくる!!

3 名無しさん
通報

うちのワンコも抜け毛の掃除が大変ですが、フローリングの部屋は掃除機をかけてからクイックルワイパーで掃除をするようにしています。やっぱりワンコの毛って軽いので掃除機だけでは掃除がしきれないので濡れているもので拭いたりして仕上げをするのが良いですね。

2 名無しさん
通報

多分、病気で毛が抜けていたら皮膚の部分にどこか赤みが出てくると思います。

日々のブラッシングをしていても抜け毛はずっとありますから、痒がったり抜け毛の量はどうかなど、日頃から観察してあげることが大事だと思います。

1 トリートメント
通報

病気でも抜けることがあるのは知りませんでした。あらかじめこういうことがあるということを知っておかないと、いっぱいの毛が抜けても、病院に連れて行こうと思わない可能性もあるので、ちゃんと知っておきたいなと感じました。

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー