ドッグフードの賞味期限って?きれたものを与えても大丈夫?

ドッグフードの賞味期限って?きれたものを与えても大丈夫?

6532
update2018/07/14
posted

愛犬の大切な栄養源であるドッグフードは保存がきくことから、うっかりしているといつの間にか賞味期限が切れていたなんてことがあるかも知れません。しかし賞味期限が切れたドッグフードは愛犬の健康を損なう恐れがあります。今回はドッグフードの賞味期限について紹介したいと思います。

6532
update
posted2018/04/07

愛犬の大切な栄養源であるドッグフードは保存がきくことから、うっかりしているといつの間にか賞味期限が切れていたなんてことがあるかも知れません。 しかも、賞味期限が切れていても臭いや色が変わっていないので、そのまま与えているという飼い主さんも少なくないようです。

しかし賞味期限が切れたドッグフードは、愛犬の健康を損なう恐れがあります。ですから、ドッグフードの賞味期限は意識するようにしましょう。

今回は、ドッグフードの賞味期限について紹介したいと思います。

ドライタイプのドッグフードの賞味期限

ドッグフードのパッケージには賞味期限が記載されていますが、これはあくまでも未開封の状態でのことです。未開封時の状態と開封後では、賞味期限は変わってきます。

未開封

ドライタイプのドッグフードの場合、パッケージに記載されている賞味期限は「1年」というものが多いでしょう。 中には2年3年と長く保存できるようなドッグフードもありますが、あまりにも賞味期限が長いドッグフードは強力な保存料、酸化防止剤が使用されている可能性があります。

また最近は、オーガニックドッグフード、ナチュラルドッグフードといって犬の体に負担とならないように、余計な添加物を使用していないドッグフードが注目されています。

これら無添加のドッグフードは安全性の高い天然由来の酸化防止剤等を使用しているため酸化防止効果が弱く、賞味期限も比較的短くなっています。ドライタイプのドッグフードでも、3か月程度しか持たないものもあります。

合成保存料の使用の有無によって、3カ月しか持たないものから3年ももつものまであるというのは恐ろしいですね。

また、ドッグフードのパッケージに記載されている賞味期限はあくまで目安です。 保存状態によってはもっと短くなります。

開封後

開封後はどのくらい保存できるでしょうか?

私たちが食べる食品も「開封後はお早めにお召し上がりください」という表示を見ますね。 ドッグフードも同じです。開封後は、早めに使い切るようにしたいものです。

なぜなら、ドッグフードは開封して空気に触れると酸化が始まります。風味が落ち栄養素も劣化し、酸化したドッグフードはからだに負担をかけてしまいます。

一般的に開封後は「1か月以内」を目安に食べきるようにしましょう。無添加のナチュラルドッグフードの場合は2週間程度を目安にすることをおすすめします。

1か月というのはあくまで目安で、1か月を過ぎたから捨てなければいけないというわけではありませんが、なるべく早めに消費するようにしましょう。

ウェットタイプのドッグフードの賞味期限

ウェットタイプのドッグフードの賞味期限はどうでしょうか?

未開封

ウェットタイプのドッグフードの多くは、缶詰に入った状態やレトルトパウチに入った状態で販売されています。 これらのタイプは保存期間が大変長く、保存食にもなります。 一般的に「2~3年」という賞味期限が設定されています。

未開封状態では、長期保存が可能なウェットタイプのドッグフードですが、もちろん保存状態が良ければの話です。保管環境が悪ければ、賞味期限内であっても中身の劣化はあります。

開封後

ウェットタイプのドッグフードの最大の特徴は水分が多いことです。 ドライタイプのドッグフードが水分含有量が10%以下であることに対して、ウェットタイプのドッグフードはなんと80%もあります。

このように水分が多いフードですから、傷みやすく開封後の賞味期限は大変短くなっています。 基本的には「その日のうちに」使い切ることが望ましいでしょう。しかし1度で食べきれない場合は、「2、3日以内」に食べきるようにしてください。

また愛犬に与える場合、与えてもすぐに食べないことがあるでしょう。 30分経過しても食べないようでしたら、いったん引き上げてください。水分が多いウェットフードは、いつまでも出しっぱなしにしていると傷んでしまいます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー