半生タイプの「ドゥロイヤル」はどんなドッグフード?口コミ評判も紹介します

半生タイプの「ドゥロイヤル」はどんなドッグフード?口コミ評判も紹介します

6337

半生タイプのドッグフード「ドゥロイヤル」をご存知ですか?ドゥロイヤルがどんなドッグフードなのか詳しく見ていきたいと思います。原材料や成分を分析し、愛犬に安心して与えられるドッグフードなのか見てみましょう。

6337 |

半生タイプのドッグフード「ドゥロイヤル」をご存知ですか?ドッグフードにはドライタイプやウェットタイプ、そして半生タイプのセミモイストがあります。セミモイストは柔らかく食べやすいので歯が弱かったり、シニア犬、食欲がない犬にピッタリです。 ではドゥロイヤルがどんなドッグフードなのか詳しく見ていきたいと思います。原材料や成分を分析し、愛犬に安心して与えられるドッグフードなのか見てみましょう。

人気のドッグフードおすすめ5つを比較してランキングしました!

ドッグフードは様々な種類があって、何を選んだらいいのか分からないですね。ドッグフードの選び方のコツがあるんです。愛犬の食いつきが悪いのは何か意味があるのかもしれませんよ。ここでは人気のドッグフードランキング5選を紹介します。

https://mofmo.jp/article/13639

ドゥロイヤルってどんなドッグフード?

JACK RUSSELL PARSON TERRIER RUNNING TOWARD THE CAMERA, LOW ANGLE HIGH SPEED SHOT

Ammit Jack/shutterstock.com

ドゥロイヤルはペットフードメーカーの株式会社ジャンプが販売している半生タイプのドッグフードです。

株式会社ジャンプのモットーは「地球環境に負担をかけない、ペットといるライフスタイル」を目標にしています。そのため家族と同じ大切なペットに安全で安心なもの、つまり新鮮な原材料と品質にこだわったものを食べさせたいという思いから、あらゆる面にこだわりを示しています。 例えば、からだによいとされていながらも敬遠されている部分も積極的に使用しています。カツオの血合いや鶏ガラなどです。 安全性にもこだわっています。ドゥロイヤルをはじめとするセミモイストフードには酸素検知剤エージレスアイ(脱酸素剤)を導入し、袋内を酸欠状態にして鮮度を保ちます。

ドゥロイヤルは北海道の工場で製造されており、鮮度の高い原材料を厳選し作られています。極力添加物は抑え、素材の風味を生かした製法を採用しています。 衛生管理、品質チェックなど一般食品工場並みのレベルを保っており、こだわりが感じられます。

ドゥロイヤルの特徴

ドゥロイヤルはミートミールは使用せず、生の肉をふんだんに使用した贅沢なドッグフードです。風味や栄養を損なわない独自製法での調理なので愛犬も喜んで食べることでしょう。健康のためおなかの調子を整えるためにドゥロイヤルには「有胞子性乳酸菌」「クマ笹エキス」が配合されています。

有胞子性乳酸菌は、腸内の腐敗菌の抑制、健康指示に重要な役割があるとされています。整腸作用、抗アレルギー作用、血清コレステロール低下作用、血液低下作用、抗腫瘍性などの機能性があるとして注目されています。熱や酸、酸素に対しても安定しているといわれているため、生きたまま確実に腸に届きます。

クマ笹エキスは、冬眠から覚めたクマが食べることで、絶食していた腸内環境を整えるのではないかということで研究が始まり、古くから防腐効果や抗炎症などに効果があるとして用いられてきました。クマ笹に含まれているササオリゴ糖は酸性でも分解されにくいため、しっかり大腸まで届き、腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整えるサポートをします。

そして主原材料には牛肉を使用し、ライフステージに合わせた最高級のドッグフードです。「オリジナル」「シニア」「ライト」の3種類が用意されており、シニアは関節保護、ライトは代謝機能をあげる働きがあります。鮮度の高い牛肉を使用し、保存料やその他の添加物も極力抑えています。

全体的に厳選された原材料を使って丁寧に作っているイメージが強いドッグフードです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー