癒やされ度MAX!可愛すぎる猫の膝乗りに胸きゅんが止まらない!

癒やされ度MAX!可愛すぎる猫の膝乗りに胸きゅんが止まらない!

2339
update

猫が膝の上に乗ってくるのはどうして?可愛すぎる猫の膝乗りの心理と、膝に乗ってくれない時の心理について説明!愛猫が膝に乗ってきている時の気持ちを考えてみましょう。

2339
update

可愛すぎる猫の膝乗り

膝に乗る猫

Impact Photography/shutterstock.com

「机の上で作業をしている時に、急に猫が膝の上に飛び乗ってきたことがある」という人はたくさんいるでしょう。乗ってきて膝の上でうずくまるようにして眠り始めるその姿はなんとも愛らしいものです。すっかり寝入ってしまって立ち上がろうにも立ち上がれないという経験をした人も少なくないでしょう。猫がする様々な行動や仕草の中でも、この膝乗りはきっと多くの飼い主の間で人気度が高い行動の一つでしょう。この記事では猫が膝の上に乗ってくる理由について、そして乗らない場合の理由について、さらに乗らせるためにどんな事ができるかについて説明したいと思います。

猫が膝の上にのる心理とは?

膝の上でくつろぐ猫

Syda Productions/shutterstock.com

猫が膝の上に乗ってくる心理としては以下のような点があげられます。

・寂しい ・寒さをしのぐため ・飼い主の気持ちを察知している ・飼い主のそばにいたい ・マッサージしにくる ・何か要求がある

ではそれぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

寂しい

猫は自由気ままで独立的な動物として見られることが多いです。そのため留守番を長時間しても問題なく、特に寂しさを感じるようなところもないと思われるかもしれません。しかし実際けっこうな寂しがり屋です。「家を留守にしていて帰った瞬間に甘えがすごい」という家庭も多くあるでしょう。普段クールな感じの猫が喜びを爆発させるかのごとく動き回るのを見ると、猫もやはり寂しさを覚える動物なのだということが分かります。 猫が膝の上に乗ってくるのは、そのような寂しさを感じている時であると考えられます。飼い主不在の時の寂しさが、帰宅と同時に解放された時に勢いで飛び乗ってくるのです。警戒心が強い猫はこうした行動を取りません。飼い主を信頼していない場合もそうです。飼い主としてはいきなり来るので少しびっくりしますが、愛情をもって迎えてあげましょう。この点に関しては以下のようなコメントがありました。

うちの猫は元々抱っこやスキンシップが苦手です。1日に2~3回は抱きますが、通常は3分以上抱かせてくれません。なので個人的に抱っこは諦めていますが、それでも外出や作業中に部屋から閉め出した後はいつも以上に長く抱かれます。離れている時間こそ、猫と仲良くなる秘訣なのかも?です。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11195913946

寒さをしのぐため

猫は暖かい所が大好きです。「猫はこたつで丸くなる」という有名なフレーズ通り、ストーブやこたつ、毛布の上など暖かそうな場所を見つけたがります。飼い主の膝の上はそうした場所の一つになっている可能性があります。冬の時期などは飼い主がひざ掛けを使っていることも多いでしょう。その上にいると体温と一緒に温まれるので猫にとっては快適な場所になります。朝方に布団の中にいる猫なども珍しくないでしょう。この点に関しては以下のようなコメントがありました。

寒くなると、ぬくもりを求めてやってはきますが、なんかメス猫は全然膝には乗りません、雄猫は、膝どころか顔にまで乗って来ます。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10132964890
寒いから暖をとるために冬になるとのってきます。夏はのりません
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053107305

飼い主の気持ちを察知している

飼い主の膝の上の猫

Africa Studio/shutterstock.com

よく「犬は飼い主の気持ちを汲むことができる」と言われますが、猫にもそのような側面があります。猫は敏感な生き物で、飼い主の事を意外とよく見ているものです。飼い主が悲しみに暮れていたり疲れ切っている場合には猫がそれを察知しているような動きを見せることがあります。例えばこんな意見がありました。

昔々、私がまだ子供だった頃に猫を飼っていたんですけど、泣いてたりするとほっぺを舐めてくれたりして、ずっとそばにいてくれました。ご存知のように猫の舌ってざらざらしてて、「痛いよう、もう」とか言いながら泣き止んだりしてた事を覚えています。犬みたいにぐいぐい押してはきませんが、さりげなく寄り添ってくれるところがあるように感じます。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14140814734

このように猫は人の気持ちに敏感であると考えられます。膝の上に乗ってくるのは飼い主の微妙な心の内を読んでいるからなのかもしれません。また自分自身がリラックスすることもできます。猫と飼い主が両方同時に癒されるなんて非常に素敵ですよね。

飼い主のそばにいたい

飼い主に甘える猫

Stock-Asso/shutterstock.com

飼い主の事を信頼していて大好きだと、飼い主のそばにいつまでもいたいと思うものです。そんな時に飼い主がパソコンやテレビに向かってじっとしていると、構ってほしくて膝の上にやってくると考えられます。よくパソコン作業をしている時にパソコンの前に陣取ることがありますが、あれは飼い主の気をひこうとしているサインと言われることがあります。同じように膝の上に乗ってくるのも「構ってほしい」アピールなのかもしれません。膝上は飼い主の顔を見やすい所でもあります。膝にのってきてしばらく顔を見ているような仕草をすることがありますが、やはり顔の近くは安心するのかもしれませんね。しかも撫でてもらいやすい位置です。猫にとっては心地よいことこの上ない場所に違いありません。ある調査では飼い主が猫に話しかけたり撫でたりするのをやめるとストレス指標が急に上がるという結果が出ていますが、この点を踏まえると膝上では猫が最もストレスを感じない場所の一つなのかもしれません。 猫が甘える時に見せる行動には様々なものがあります。すり寄ってきている喉をごろごろ鳴らしたり目をじっと見てきたりなどが代表例ですが、膝乗りもそのうちの一つととらえられるでしょう。 この点に関しては以下のようなコメントがありました。

お膝のときは思いっきり甘えている状態なんでしょうねさらに落ち着き始めると寝ちゃうんでしょう
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1484535494

マッサージしにくる

親離れできていない証拠としてよく前足ふみふみ行動が指摘されることがあります。飼い主としてはこの行動はかわいいばかりだと思いますが、このふみふみ行動がしたくて膝の上を求めてくる可能性はあります。膝の上に毛布などを敷いている場合は特にもふもふした感触があるので、猫にとってはたまらないのかもしれません。猫は柔らかい所が大好きです。もみもみ行動をしている時はよく喉をごろごろ鳴らしていますが、母猫のそばにいると感じているのか安心しているのか、そのような時はいかにも幸せそうな雰囲気です。この点に関しては以下のようなコメントがありました。

ふみふみは本当の親か飼い主にしかしません。甘えたいやっと会えたそんな気持ちなんでしょうね。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1380614933

何か要求がある

餌を欲しがる猫

marta.sim/shutterstock.com

甘えと要求行動とは表裏一体のところがあります。人間の場合でも、誰かに何かしてほしい場合はよく甘えた仕草を見せますよね。同じように猫の甘え行動の後ろには要求が控えていることがあります。膝の上にのって何かをおねだりしていると考えられます。例えばご飯が欲しい、遊んでほしいと言っているのかもしれません。単純に甘えてきてる場合との見分けが難しそうですが、もし乗ってきてそのまますやすや寝ているようなら甘え、じーと顔を見てくるようならおねだりなのかもしれません。この点に関しては以下のようなコメントがありました。

私は猫の方から甘えて来たら触るくらいで後はよく遊んでやります。怒るときにはしっかり怒ります。
何か要求したり甘えにきた時は膝の上に来る時があります。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10132964890
うちの猫も私の上に乗ってねてましたが(冬場だけ)、帰宅時のお出迎えはもちろんですが、何かあったときに訴えにくる(にゃーにゃー鳴きます)のも私のところに来てました。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12102215512

飼い主の所有権アピール

膝の上でくつろぐ猫

Impact Photography/shutterstock.com

猫は縄張りを重視する動物です。その縄張りには空間だけでなく人も含まれます。飼い主も自分のものであるという意識が猫にはあると思われ、すり寄ってにおい付けしているのも「この人は自分のもの」とアピールしているからだと言われています。実際にそうなのかは分かりませんが、膝の上にのってくるのも所有権を主張しているからと言えるかもしれません。この点に関しては以下のようなコメントがありました。

ご主人様はあたしのものよ!と、独占欲むき出しのような気がします。可愛いですね
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103699207
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー