オス猫とメス猫どっちにするか迷っている方必見!性別による性格の違いを紹介

オス猫とメス猫どっちにするか迷っている方必見!性別による性格の違いを紹介

2895
update

猫を飼う時は種類だけでなく、オスメスどちらの性別にするかも悩みます。性別の違いは体の大きさや見た目だけでなく、性格や飼い主さんとの相性にも影響を及ぼすので確かに重要なポイントといえます。この記事では、一般的なオス猫とメス猫それぞれの特徴的な性格を5つずつご紹介します。

2895
update

動物の中でも、猫はオスとメスの性差が少ないとはいわれていますが、もともと備わっている本能や野生時代からの習性、身体の仕組みがオスとメスは異なるので、猫をよく観察したり様々な猫と接したりすると、現代のイエネコも性別によって性格に違いがあることがはっきりわかります。

特に、去勢や避妊手術をしていないと違いは顕著に現れますが、手術していてもやはり性別ごとの特徴は必ずあるものです。

オス猫の性格

走る猫

pixabay.com

野生時代のオス猫は森の中をアグレッシブに動き回り、時には喧嘩をしながら縄張りを広げ、自分の子孫を残すための相手を確保してきました。

そのため、オスは身体もメス猫より大きくて、筋肉質でガッチリとしています。このオス猫特有の本能や習性は現代のオス猫にも引き継がれ、飼い主さんとの接し方にも現れています。

約100人の愛猫家の方がオス猫の性格としてあげた上位5つの特徴を、早速ご説明していきます。

甘えん坊

「オスは甘えん坊」という意見は、オス猫を飼育された方が皆、口をそろえて言う際立った特徴です。

その理由として考えられるのは、オス猫は子孫を残すために自らメス猫を追いかけて求愛し交尾する必要があったので、愛情表現がストレートだということです。好きな相手に自分の感情をストレートにぶつけ、自分のものになってほしいことをアピールする過去の習性が、今は飼い主さんに甘えるという形で現れているのです。

飼い主さんのことをメス猫と思っているとまではいいませんが、飼い主さんのことが大好きで自分の家族だと感じているオス猫は、身体をすり寄せたり膝の上に乗ったりして自分の好意を表現し、まるで恋人感覚で飼い主さんに甘えます。

他の理由としては、いつまでも子猫気分が抜けないことも考えられます。飼い猫は衣食住全てが供えられた安全な環境で生活しているので、自然界で暮らしている猫と比べると精神的にいつまでも幼いままです。

去勢された場合は特に子猫の感覚のまま成猫になるので、子猫が母猫に甘える感覚で飼い主さんに甘え続けます。オス猫は愛情表現がストレートな分、子猫気分の時でも抱っこをしきりにねだったり、後をつけまわしたりとベタベタに飼い主さんに甘えます。

遊び方が激しい

オス猫の身体はメス猫より大きく筋肉質でたくましいので、動きがダイナミックです。しかも、遊ぶ時は興奮していたり、ストレス発散中だったりするので、いつにも増して動きがアグレッシブになります。

高い身体能力をいかして家中をダッシュで走り回ったり、高いところからジャンプしたり、何かを捕まえようと飛びかかったりと、とにかく活発に動く遊びを好み、見ていると目が回りそうになるほどです。

おもちゃを使って一緒に遊んでいても、飼い主さんを圧倒する勢いで迫ってきたり、身の危険を感じるほど俊敏かつパワフルに動いたりするので相手をするにも力が必要です。ヤンチャな男の子という感じで可愛いのですが、飼い主さんの体力や住宅事情によっては困ってしまうこともあります。

好奇心旺盛

野生のオス猫が成猫(1~2歳)になると、育った場所からたった一匹で旅立ち、各地を放浪しながら暮らしていました。一度離れた自分の育った群れに戻ることはなく、次から次へと新しい場所、新しいメスとの出会いを繰り返しながら人生を過ごしていました。

ですから、オス猫は何事にも好奇心旺盛に取り組み、新しい道を切り開いていかなければ生きていけませんでした。その名残から、好奇心旺盛に新しいものに興味を示し、積極的に近づくオス猫は多いのです。

外に出たがる

先ほどもお伝えしたように、オス猫は放浪生活をしていたので、今でも冒険心が疼いて外に出たがることが多いです。オス猫は近親相姦を避けるためにも旅を続けていたので、単なる習性だけでなく「自分の家から出なければ!」という本能に基づいているとも考えられます。

とはいっても、完全室内飼育では外に出すわけにもいかないので、せめて家の中での行動範囲を広げてあげるなどの工夫で対応できます。

オス猫は自分の縄張りを守ることにも執着しますが、外の世界にも強い興味を抱き、実際に飛び出そうとする強い欲求があることを覚えておきましょう。

女の人が好き

オスだけに人間の男の人より女の人の方に甘えたり懐いたりするという意見も多くあります。少し不思議な気もしますが、生き物という括りで考えると、異性に引かれる方が自然なのかもしれません。

もちろん、同性の飼い主さんにもちゃんと懐いたり甘えたりするオス猫もいますが、「やはり女性にみせる仕草や鳴き声は明らかに意識している」という意見もあり、異性にしか見せない男の弱さや甘えが猫にもあるのかと興味深く感じます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー