猫が邪魔でテレワークができない!?すぐにできる「ネコハラ対策」5つを紹介!

猫が邪魔でテレワークができない!?すぐにできる「ネコハラ対策」5つを紹介!

4264
update

コロナ渦の影響により自宅でテレワークをする人が増えていますが、猫を飼っている方の中には「猫がパソコンのキーボードの上に寝て仕事できない」とか「椅子を占拠される」など、いわゆる「ネコハラスメント」の被害に悩んでいる方が少なくありません。そこで今回は、すぐにできる「ネコハラ対策」をご紹介します。

4264
update
猫が邪魔でテレワークができない!?すぐにできる「ネコハラ対策」5つを紹介!

パソコンの前にドカッと鎮座する猫や大事な資料の上に大の字で寝る猫、必死に走らせているペンにかじりつく猫など、猫は様々な方法で飼い主の作業や仕事を邪魔することがあります。

このような猫の行動を巷では「ネコハラスメント」と呼ぶことがあります。ネコハラは傍目にはチャーミングで、時間があればいくらでもしてほしいものです。ただ、先が見えないコロナ渦でテレワークも長期戦となると、ずっと付き合っているわけにはいきません。

この記事では「愛猫は可愛いけど仕事ができないのは困る」という飼い主さんに役立つ、おすすめの対処法を5つご紹介します。

すぐにできるネコハラ対策

仕事をしている人のそばにいる猫

pexels.com

いくら愛猫が可愛くても、仕事がはかどらない状況がずっと続くのは困ります。ここでは、すぐにできる5つのネコハラ対策をご紹介します。

1.箱を置く

非常にシンプルかつ効果覿面の対処法が、仕事机に箱を置くことです。テレビでも取り上げられた話題の方法なので知っている方も多いと思いますが、これは「猫が入れるくらいの大きさの箱を机に置くだけ」というシンプルな方法です。これだけで嘘みたいに仕事がはかどります。

パソコンの前は自分のテリトリーだと思い込んだ猫をどかそうとしても、猫パンチをくらうか睨まれるだけです。物を置いて防壁にしようとしても蹴散らしながら突破してきます。

しかし、ちょうど猫が入れるサイズの箱を置くだけで、自分から箱に入っていきます。しかも満足げな顔をしています。今までの苦労が嘘のようにシンプルで効果的な方法ですが、実はこれは「猫は狭いところが好き」という習性を上手に使った対処法です。

箱にすっぽり入った猫は見た目もキュートで癒されますし、邪魔になったら箱ごとスライドさせれば良いので、まさにWin-Winの解決法です。

ちなみに箱は、段ボール箱でもお菓子の空き箱でもプラスチックケースでも、猫が気に入るものであればなんでもOKです。

2.自分の膝と同じ条件の場所を作る

クールなイメージが強い猫ですが、子猫の時から人に飼われてきた猫は常に甘えたがります。テレワーク中であっても、膝の上に乗ってきて顔をスリスリしたりタッチしたりと「構って攻撃」をしてきます。飼い主さんとしては、嬉しい反面「仕事を終わらせるためにはいつまでも構ってあげるわけにはいかない」というジレンマに陥ります。

そんな時に有効な対策は、自分の膝の代わりとなる安心できる場所を用意することです。

猫は高い場所が好きなので、仕事部屋の椅子や家具の上に、飼い主さんの匂いがついたタオルを置くなど、暖かくて飼い主さんの気配を感じられる特等席を作ってあげてください。日当たりの良い場所に、カゴやクッションを置いたりするだけでも満足してくれることもあります。

飼い主さんにべったりしないことを習慣づけておけば、通勤するようになった時にも猫が寂しい思いをしないですみます。

3.夢中になれるおもちゃを用意する

おもちゃで遊ぶ猫

pixabay.com

仕事に集中したい時には、猫にも自分の世界に集中してもらうのが一番です。飼い主さんが一緒に遊ばなくても、ひとりだけで楽しめる仕掛けを考えましょう。

例えば、市販されている猫用のおもちゃを活用してください。触感・音・匂いなど様々なタイプを試して、飼い猫が夢中になるおもちゃを見つけてください。

単に羽を高い所から吊るしたり、コルクを転がるように置いておくだけでも、長時間集中して遊んでくれます。猫が夢中で遊んでいる間に、さっさと仕事を片付けてしまいましょう。

4.エサを探させる

お腹が空くたびにおねだりにきて邪魔をする猫もいます。そんな場合の対処法は、エサを自分で探させることです。

飼い猫は人からエサをもらおうとするのが当然ですが、今でも狩猟本能は強く残っています。ですから、決まった時間にエサをあげるのではなく、少量のエサを家の中に隠して自分で探させるようにすると、お腹が空くたびに飼い主さんの邪魔はしなくなります。

タイマー式の給餌機を使用することもできますし、専用のおもちゃの中に隠すこともできます。宝探しのようで、楽しんでくれます。

5.便利グッズを活用する

便利グッズもどんどん活用しましょう。おすすめグッズの1つは、アメリカで大流行した猫用スマートロボット「Ebo(イーボ)」です。

これはアプリで操作できる動くロボットで、まるで生き物のような動きをしながら部屋中を動き回ってくれます。そのため猫は夢中で追いかけ回します。猫のハンター願望を満足させ、刺激を与えるのにぴったりなお友達ロボットです。

しかも、バッテリーが少なくなると自動でチャージするなど、手がかからないので助かります。

EBO|ペットモニター AIロボット ペット見守りカメラ モニター ペットカメラ 猫用カメラ 猫おもちゃ 猫用スマートロボットEbo(イーボ)

まとめ

猫

pixabay.com

コロナ禍にあって、テレワークがいつまで続くのかは分かりません。状況が収束しても、テレワークが今後主流になる職場もあるでしょう。そのため、自宅での仕事がスムーズにおこなえるように自宅の環境を整えることは大切です。

少しの工夫で、猫も人も快適に過ごせるようになるので、ぜひ今日ご紹介した方法を試して見てください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー