生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

生後8ヶ月の猫は、留守番もかなり上手にできるようになりひと安心。でも発情期になると困った問題も起こります。また噛む力も強くなってくることから、生後8ヶ月の猫が、噛むときに手加減できないと飼い主さんの手は傷だらけになります。この時期の育て方のポイントを考えていきます。

生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

生後8ヶ月の猫の特徴と留守番


生後8ヶ月になると、猫の大きさ(平均体重)は種によるばらつきが大きくなり、メインクーンやノルウェージャン・フォレストなどの大型の猫は10ヶ月頃まで体重の増加が見られます。 その他猫の標準的には3~4キロくらいになります。ほぼ成猫に近い体重ですね。猫は1歳時の体重が理想体重と言われます。この時期以降からは、肥満への注意も必要になってきます。 体重が6kg以上になってしまったり、お腹のたるみが目立っている場合は肥満傾向にありますが、逆に体重減少が見られた場合でも病気の可能性がありますので動物病院にて検査してもらいましよう。 ドライフードだと1日2回。永久歯も生えそろい、噛む力も成猫と同じ。給餌も安定してくるので留守番のときの心配事が減ってきます。メス猫では避妊に適した時期の最終期、オス猫の去勢には適した時期です。避妊・去勢をしていないと、留守番のときに困った行動をすることがあるので、注意しましょう。

生後8ヶ月の猫の留守番で困ること

発情期の行動

メス猫の夜鳴き、オス猫の尿スプレーは発情に伴う困った行動で、留守番のときの心配事になります。夜鳴きはご近所迷惑になりますし、外出から帰ってきたら大事な家具が臭っているようでは困りもの。 一般的には生後6~8ヶ月がメス猫の避妊手術に適しており、6~10ヶ月がオス猫の去勢手術に適しています。避妊・去勢後は発情による問題行動は減りますが、完全にはなくならないこともあります。 オス猫の場合、去勢した後は攻撃性が弱まり甘えん坊になるようです。 メス猫は基本的な性格は変わらないようですが、どちらにしても繁殖の予定がないならば猫の為にも早めの去勢・避妊手術をお勧めします。 同時に〝もしも〟に備えてマイクロチップの埋め込みを手術時にしてしまう飼い主さんも多いようです。

生後8ヶ月で避妊・去勢しなかったとき

この時期は、まだ体が成猫の体格に達していませんが、体重の目安として2キロを超えていれば、手術が発育に与える悪い影響はないとされています。これより遅くなっても避妊・去勢は可能ですが、マーキングなどの習性が定着すると直らないこともあります。 避妊・去勢後は肥満傾向になる猫もいるので、これ以降の体重変動には注意が必要ですが、1歳までは無理なダイエットはお勧めではありません。

生後8ヶ月の猫の留守番時の注意

ドライフードは、留守番の時間に合わせて容器に入れておいてあげます。子猫用のドライフードから成猫用に変更する時期にも入りますので、

ドライフードは、留守番の時間に合わせて容器に入れておいてあげます。子猫用のドライフードから成猫用に変更する時期にも入りますので、 留守番のとき一気に食べきってしまわないよう、1回分ごとに餌を与えてくれる自動給餌器もあります。水は一カ所で転倒させても大丈夫なよう、複数の場所に置いてあげましょう。こちらも自動給水器が便利です。トイレは砂を綺麗にするなど、留守番の時間に合わせた準備をしてください。 夏は留守番しているときに室温が上がりすぎないようエアコンを使ったり、複数の部屋を出入りできるようにしたりしてあげます。冬は猫用のこたつが風情の面だけでなく、暗くて狭い空間という猫好みの場所を提供してあげる意味でも便利です。留守番のときは脱走しないよう、戸締まりや窓の施錠をきちんと行いましょう。生後8ヶ月の猫は跳躍力も成猫に近いので、室内飼いの猫の場合は脱走しないよう気配りしてください。帰宅したら、健康チェックをお忘れなく。

生後8ヶ月の猫が噛む問題

噛む原因

兄弟猫と共に育つことで噛む力を加減することを学ぶのがふつうですが、早く兄弟から引き離された猫は、噛む力の加減を知らないことがあります。飼い主さんが兄弟猫代わりに教えてあげましょう。

噛む癖の直し方

猫が噛むような問題行動を起こしたときに、きらいな水を霧吹きなどでかけてあげるという直し方があります。猫は飼い主さんに叱られたという意識ではなく、噛むとなにか悪いことが起こる、という刷り込みが行われ、自然に強く噛むのをやめます。また手以外の玩具で、気の済むまで遊んであげてください。

生後8ヶ月で猫を家に迎えた場合

生後8ヶ月の、子猫としてはやや大きめの段階で家に迎えた子が、噛む行動などをするのは防衛反応です。環境の変化に追いつくまで、辛抱強く相手をしてあげれば飼い主さんを信頼し、自然に問題行動は止んできます。 生後8ヶ月の猫は人間で言えば思春期。問題も多いけれど、いろんな面白い行動で飼い主さんを楽しませてくれます。これからのパートナーシップの基礎を、良い形で築いていきましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫を飼うならどっちがいい?性別でみる猫の性格

    • 猫を飼うならどっちがいい?性別でみる猫の性格

      雄猫と雌猫の性格の違いは何でしょうか?どちらが飼いやすいでしょうか?ここでは猫の性格を性別に分けて考えてみます。飼いやすいかどうかは人それぞれで、ライフスタイルによっても変わってくるようです。どちらがお好みですか?

      2407

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

      生後7ヶ月の子猫は、大きさ(平均体重)が3~4kgくらいになり、発情期を迎える子猫もちらほら。大きさ(平均体重)は、健康の目安となるとともに、避妊・去勢手術を受ける目安にもなります。また肥満傾向の子猫は、この頃から餌の管理に注意が必要になってきます。

      8559

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      15518

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後7ヶ月の猫は留守番ができます。しかし発情期を迎えると幼猫の頃とはちがった行動もするため、留守番のときに新たな注意が必要になります。また永久歯が生えそろったあとで飼い主さんを噛む癖は、矯正しないといけません。この時期の猫特有の、留守番と噛む問題について考えていきましょう。

      12735

このまとめのキュレーター

kei3141

猫白血病のチャトラに仕えて13年。ベテラン猫執事です。SF小説なども書いています。