生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

生後8ヶ月の猫は、留守番もかなり上手にできるようになりひと安心。でも発情期になると困った問題も起こります。また噛む力も強くなってくることから、生後8ヶ月の猫が、噛むときに手加減できないと飼い主さんの手は傷だらけになります。この時期の育て方のポイントを考えていきます。

生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

生後8ヶ月の猫の特徴と留守番

生後8ヶ月になると、猫の大きさ(平均体重)は種によるばらつきが大きくなり、メインクーンやノルウェージャン・フォレストなどの大型の猫は10ヶ月頃まで体重の増加が見られます。 その他猫の標準的には3~4キロくらいになります。ほぼ成猫に近い体重ですね。猫は1歳時の体重が理想体重と言われます。この時期以降からは、肥満への注意も必要になってきます。 体重が6kg以上になってしまったり、お腹のたるみが目立っている場合は肥満傾向にありますが、逆に体重減少が見られた場合でも病気の可能性がありますので動物病院にて検査してもらいましよう。 ドライフードだと1日2回。永久歯も生えそろい、噛む力も成猫と同じ。給餌も安定してくるので留守番のときの心配事が減ってきます。メス猫では避妊に適した時期の最終期、オス猫の去勢には適した時期です。避妊・去勢をしていないと、留守番のときに困った行動をすることがあるので、注意しましょう。

生後8ヶ月の猫の留守番で困ること

発情期の行動

メス猫の夜鳴き、オス猫の尿スプレーは発情に伴う困った行動で、留守番のときの心配事になります。夜鳴きはご近所迷惑になりますし、外出から帰ってきたら大事な家具が臭っているようでは困りもの。 一般的には生後6~8ヶ月がメス猫の避妊手術に適しており、6~10ヶ月がオス猫の去勢手術に適しています。避妊・去勢後は発情による問題行動は減りますが、完全にはなくならないこともあります。 オス猫の場合、去勢した後は攻撃性が弱まり甘えん坊になるようです。 メス猫は基本的な性格は変わらないようですが、どちらにしても繁殖の予定がないならば猫の為にも早めの去勢・避妊手術をお勧めします。 同時に〝もしも〟に備えてマイクロチップの埋め込みを手術時にしてしまう飼い主さんも多いようです。

生後8ヶ月で避妊・去勢しなかったとき

この時期は、まだ体が成猫の体格に達していませんが、体重の目安として2キロを超えていれば、手術が発育に与える悪い影響はないとされています。これより遅くなっても避妊・去勢は可能ですが、マーキングなどの習性が定着すると直らないこともあります。 避妊・去勢後は肥満傾向になる猫もいるので、これ以降の体重変動には注意が必要ですが、1歳までは無理なダイエットはお勧めではありません。

生後8ヶ月の猫の留守番時の注意

ドライフードは、留守番の時間に合わせて容器に入れておいてあげます。子猫用のドライフードから成猫用に変更する時期にも入りますので、

ドライフードは、留守番の時間に合わせて容器に入れておいてあげます。子猫用のドライフードから成猫用に変更する時期にも入りますので、 留守番のとき一気に食べきってしまわないよう、1回分ごとに餌を与えてくれる自動給餌器もあります。水は一カ所で転倒させても大丈夫なよう、複数の場所に置いてあげましょう。こちらも自動給水器が便利です。トイレは砂を綺麗にするなど、留守番の時間に合わせた準備をしてください。 夏は留守番しているときに室温が上がりすぎないようエアコンを使ったり、複数の部屋を出入りできるようにしたりしてあげます。冬は猫用のこたつが風情の面だけでなく、暗くて狭い空間という猫好みの場所を提供してあげる意味でも便利です。留守番のときは脱走しないよう、戸締まりや窓の施錠をきちんと行いましょう。生後8ヶ月の猫は跳躍力も成猫に近いので、室内飼いの猫の場合は脱走しないよう気配りしてください。帰宅したら、健康チェックをお忘れなく。

生後8ヶ月の猫が噛む問題

噛む原因

兄弟猫と共に育つことで噛む力を加減することを学ぶのがふつうですが、早く兄弟から引き離された猫は、噛む力の加減を知らないことがあります。飼い主さんが兄弟猫代わりに教えてあげましょう。

噛む癖の直し方

猫が噛むような問題行動を起こしたときに、きらいな水を霧吹きなどでかけてあげるという直し方があります。猫は飼い主さんに叱られたという意識ではなく、噛むとなにか悪いことが起こる、という刷り込みが行われ、自然に強く噛むのをやめます。また手以外の玩具で、気の済むまで遊んであげてください。

生後8ヶ月で猫を家に迎えた場合

生後8ヶ月の、子猫としてはやや大きめの段階で家に迎えた子が、噛む行動などをするのは防衛反応です。環境の変化に追いつくまで、辛抱強く相手をしてあげれば飼い主さんを信頼し、自然に問題行動は止んできます。 生後8ヶ月の猫は人間で言えば思春期。問題も多いけれど、いろんな面白い行動で飼い主さんを楽しませてくれます。これからのパートナーシップの基礎を、良い形で築いていきましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 よねちゃん
通報

そろそろ避妊しなくちゃなと思ってる我が家のネコ。人間のエゴで手術を受けさせるのは可哀想と思う反面、やはり長い目で見るとネコのためにも避妊は必要ですよね。マイクロチップ埋め込みの手術も合わせて検討しようと思っています。

2 ねこ
通報

確かに、8ヶ月の猫ちゃんてもう体つきはだいぶ大人ですよね。この頃までに培われていった癖や習慣は、そうそう直せるものではないかもしれませんね。飼い主の方に辛抱が求められますが、できないことではないと思うので、もしこのくらいの猫ちゃんを家に迎えた時には、心して根気強く色々教えていってあげたいなと思いました。

3 名無しさん
通報

猫が生後8か月ごろになると安心してきますが、注意を怠ってはいけないと思いました。元気なので何をするかわからないですし、間違えて変な癖がついてしまうとまたしつけ直すのには時間がかかってしまうと思いました。目をはなしても大丈夫なことと注意しておくことをよく覚えておきたいです。

4 欧風
通報

生後8か月でお留守番をさせても良いのですね。お留守番はあれこれ心配になりますが、注意点を押さえれば大丈夫そうです。猫の成長に応じて、気を付けなければならない事は変わっていくと思うので、要所要所ポイントを掴んでいきたいと思います。

5 ロイ
通報

噛む癖がこのころからついちゃうと大変ですよね。水吹きかけるだけでやめてくれるといいんですが…。他には直し方はないんでしょうか?兄弟猫のようにどうやって教えてあげればいいのかな?!

6 プレミアム
通報

生後八ヶ月でもうお留守番ができるようになるとは凄いですね。留守番をさせる際の注意点は幾つもあるので、ポイントを掴みたいと思います。ジャンプ力が高く、油断すると飛んで抜け出してしまう心配があるという事ですね。抜かりなく戸締りの徹底をしなくてはと感じました。

7 名無しさん
通報

8ヶ月目までぐらいには子猫の癖など治しておかないとそのままずっと治らなかったり、治すのに倍以上の時間がかかるようになるので、この時期は大切だなと思いました。

8 イチハ
通報

こんな頃から留守番させて大丈夫??一日だったらいいかもしれないけど、この頃はすぐにいたずらしたりするから泊まりはきついと思うよ〜。。。

9 よしはら
通報

生後8ヶ月にもなるとだいぶ安定してきますね。ただここが正念場という感じもします。躾をするなら小さいうちにきちんとしなくてはいけないし、運動量も増えてぐんと賢くなるので育て方を間違えないように飼い主もしっかり勉強しないとですね。

10 名無しさん
通報

猫をしつける時に、霧吹きで水をかけて、噛むと悪いことが起きるという印象を植え付ける方法いいですね。しつける方も根気がいりそうですが、一回だけでなく繰り返し行ってみようと思います。

11 屋外
通報

猫をお留守番をさせる時、室内の温度も注意が必要ですね。暑すぎも寒すぎも、猫にはきついだろうと思うので、適温の環境を整えるようにしなければと思います。他にも、注意点を守って、安全にお留守番をしてもらえるようにしてあげたいです。

12 お徳用
通報

猫が噛む理由は単にじゃれている感覚でいるんだろうなと認識していたのですが、噛む加減を学べなかったということも挙げられんですね。これが原因ならば、筆者の方がおっしゃる様に加減を教えてあげなければ!と思うのですが、どんな風に教えていけば良いんでしょうか?

13 ニャーニャー
通報

生後8ヶ月の猫が噛んじゃうのって、月齢的にしょうがないものなんだろうな〜って捉えていたんですけど、これって甘い考えでしたね。まだ小さいからって言って、甘やかすのではなく、ちゃんと教えていくのが大事なことだと、知ることができました。

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫を飼うならどっちがいい?性別でみる猫の性格

    • 猫を飼うならどっちがいい?性別でみる猫の性格

      雄猫と雌猫の性格の違いは何でしょうか?どちらが飼いやすいでしょうか?ここでは猫の性格を性別に分けて考えてみます。飼いやすいかどうかは人それぞれで、ライフスタイルによっても変わってくるようです。どちらがお好みですか?

      4752
    • 生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

      生後7ヶ月の子猫は、大きさ(平均体重)が3~4kgくらいになり、発情期を迎える子猫もちらほら。大きさ(平均体重)は、健康の目安となるとともに、避妊・去勢手術を受ける目安にもなります。また肥満傾向の子猫は、この頃から餌の管理に注意が必要になってきます。

      コメント

      大きさは種類によって異なるとは知りませんでした。でも、確かに同じ月齢でも大きい猫もいたり、小さい猫もいたりするので、こういうことかもしれないですね。あと、見ていて気になったのは、生後7ヶ月頃の去勢に関してのデメリットが「などです」だけで終わってしまっている点です。ここを知りたいです。

      13788
    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      コメント

      生まれて半年も経てば、目を離せるようになるんですね。半年というのは私の中ではまだまだ赤ちゃんなので、目を離すことには強い不安を覚えますが、心配ばかりしていては猫の成長を妨げてしまう可能性があるかもしれませんね。なので、必要以上に心配しすぎるのも、出来るだけこらえます。

      23842
    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後7ヶ月の猫は留守番ができます。しかし発情期を迎えると幼猫の頃とはちがった行動もするため、留守番のときに新たな注意が必要になります。また永久歯が生えそろったあとで飼い主さんを噛む癖は、矯正しないといけません。この時期の猫特有の、留守番と噛む問題について考えていきましょう。

      コメント

      生後7か月頃の猫はまだまだ子供と捉えていましたが、結構色んな事ができるようになる年頃なのですね。留守番や噛み癖に関してなど、有益になる情報を掲載していただけて感謝の気持ちで一杯です。この記事を参考にしながら育てようと思います。

      18507
    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      子猫は楽しいことが大好きな好奇心旺盛で自由気ままな探検家です。 生後5ヶ月の子猫にもなれば育てるうえで目を離せることも多くなります。でもまだまだ人間の子どもでいえば10歳前後の年齢なので成長時期ですよね。 気になる噛み癖(噛む問題)や留守番のさせ方を生後5ヶ月目の子猫の育て方から見ていきましょう。

      コメント

      生後5ヶ月の子猫ってこんな感じなんですね~。10歳前後ってことは一番体が動くし一番元気いっぱいでやんちゃな年齢ですよね。この年代だからこそしつけはきちんとしなきゃですね。三つ子の魂百までっていうようにこの時期の影響が成猫になってから大きいと思うので。

      9638
    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後3ヶ月の子猫は、小さな身体に沢山の好奇心と大きな可愛い瞳に映る全てのモノが楽しく不思議に感じるころです。 でもまだ3ヶ月。お母さんのことを思い出しては鳴いて探したり不安になる時期です。飼い主さんもそんな子猫をみて留守番をさせることもためらいますよね。 生後3ヶ月の子猫を育てながら猫の困った噛み癖も減らせる育て方としつけには、どんなことがあるでしょう。

      コメント

      生後3ヶ月って凄く可愛い時期ですよね。でもこの時期だからしっかりしつけをしないといけないんですね。可愛いからってなんでも許していると、大きくなってから問題行動で困るし小さいうちに躾けるのがお互いのためなんだと思いました。

      21367
    • 猫の噛み癖が痛い!そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

    • 猫の噛み癖が痛い!そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

      猫を飼っている人なら、誰もが悩む「噛み癖」。しかも結構痛い。これが癖になっているなら、飼い主さんの手足は傷だらけなはず。これ、今すぐにでも直すことができるのでしょうか。じゃれついて噛んでいるのか、本気で噛んでいるのかでも対応は変わってきます。噛む理由、、どのようにしつけられるのかをご紹介したいと思います。

      コメント

      まぁ猫は噛むもんですよね。猫を飼っている人って生傷が絶えないからすぐわかりますよねww遊んでると興奮して暴れるし背中に乗ろうとして爪は立てるし、猫を飼う以上は多少は噛む、引っかかれるは想定のうちって感じかな。過度に噛むのは問題だけど。

      14485
このまとめのキュレーター

kei3141

猫白血病のチャトラに仕えて13年。ベテラン猫執事です。SF小説なども書いています。

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!