白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

アナタはオッドアイという言葉を知っていますか?神秘的で美しい瞳【オッドアイ】をもつ猫についてまとめてみました。良い事ばかりじゃない…オッドアイにはそれなりのリスクがある!?原因や短命、そして魅力。是非アナタもオッドアイの隠れた秘密をご存知になって下さい♪

白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

なんとも神秘的な猫、オッドアイの魅力と謎に迫る

オッドアイの瞳を持つ猫を実際に見たことがない人も多いのではないでしょうか? オッドアイとは、左右の目の色が異なる猫の事を言います。

宝石のような綺麗な色の瞳は、吸い込まれるような透明感を放っており、その希少性から「幸運を運んでくる猫」と言われる事がありますが、実際に見ると、その神秘的な瞳に魅了されるほどです。

めったに見かけることができないからこそ、オッドアイの猫を見ると幸運に恵まれるといわれています。見た目の美しさもさることながら、オッドアイの猫にはある性質があります。それを理解した上で、飼うことをオススメします。

どんな猫に多いの?

オッドアイの猫が生まれる原因は何でしょうか。

それはどんな猫にも発症する遺伝子変異ですが、特に白猫に生まれる確率が高く約25%ほどと言われています。

品種では、ターキッシュアンゴラ、ターキッシュバン、ジャパニーズボブテイルなどと言われており、ジャパニーズボブテイルは白毛の混じった三毛猫に多く見られる事が分かっています。白猫が生まれる確率も低いのですが、さらにオッドアイとなるとかなり少ない確率です。 原因は様々な説がありますが、全てが解明されるまでには至っていません。

オッドアイの猫が生まれる原因とは?

医学用語で虹彩異色症と呼ばれる先天的な遺伝子異常のひとつだという説もありますが、確定的な原因はまだ分かっていません。 中でも白猫に発症する確率が高く、オッドアイが白猫に多いと言われる所以となっています。 瞳が青くなる原因としては、猫の毛色は色素細胞の量で決まります。白猫は色素細胞の量が抑制されているために、全身が真っ白になります。それと同様に、瞳の色も色素細胞によって抑制されることによって青くなります。 つまり、眼の色素が普通の猫よりも欠乏している為に青くなるのです。

一般的に青い目を持つオッドアイの白猫は、青い目側の耳に聴覚障害を持っているというデータがあります。 一見、聴覚と色素にはなんの関連性がないように思えますが、青い目と難聴は深い繋がりがあります。障害を持って生まれるということは短命である可能性も否定できません。それぞれの複雑な原因が重なって生まれるオッドアイ。実際に飼ったことのある人の体験談も参考にしてみてください。

オッドアイの気になる性格は?

オッドアイだからといって、他の猫に比べて特別に性格が異なるわけではありません。 甘えん坊の猫もいれば、マイペースで我道ををいく猫・・・それぞれの性格があります。 一般的には、短髪よりも長毛の猫の方がおっとりしていると言われています。白猫でオッドアイだと、そのルックスからして神秘的でクールなイメージがありますが、その子の性格にもよるので一概には決めることは難しいでしょう。

オッドアイの猫は短命?美しさゆえの宿命とは

オッドアイになる原因が遺伝子の異常ということは、正常な猫よりもやはり身体が弱い可能性も高く短命であるという事実が、実際にオッドアイを飼ったことがある人の意見に多くみられます。ちなみに猫の平均寿命は15年と言われています。

オッドアイの猫は聴覚に障害を持っている確率が高く、野生で生きていく場合には聴覚障害は猫にとっては致命的です。猫は鋭い聴覚で危険を察知したり、獲物を捕らえたりするので片耳が聴こえないということは、生存率がその分下がってしまい、短命になります。

しかも自然界で白猫は、目立ち過ぎてしまうという点でも敵を作りやすく狙われやすい為に短命になる原因だという説もあります。 ただ、野生ではなく室内で飼っていくなら生存競争で命を失う確率は減るのかもしれません。

オッドアイで白猫であることは、同時に短命かもしれないということを理解して大切に家族として迎えてあげたいですね。たとえ短命であっても、愛情を注がれて飼われた猫は幸せです。

オッドアイでなくても白猫には魅了されます

全身が真っ白な毛色に包まれて、肉球はピンク・・・想像するだけでも美しく優美な雰囲気ですね。 白猫にまつわる言い伝えにはこんなものがあります。

●招き猫は白猫である場合が多く、縁起のいい猫とされている ●白猫が目の前を通り過ぎるといいことが起こる ●白猫は神様の使い ●白猫は家を守ってくれる

猫は幸運を運んでくれる動物として昔から人々に可愛がられて来ました。

幸運は共に生きてこそ・オッドアイまとめ

いかがでしたか?

神様の使いとも呼ばれ、幸運を運んできてくれると言われているのが納得できるほどの神秘的な魅力を持つオッドアイですが、家族として迎えた際には、

健康に気をつけて愛情を注いであげてください。 短命かも知れない事実を悲観視するよりも、いっぱい可愛がってあげることが一番です。

きっと、その猫との出会いや生活を共にすることがあなたを幸せな気分にしてくれることでしょう。 しかし、幸運は猫と一緒に作り上げていくもの。オッドアイの白猫を飼ったからと言って自動的に幸運になれるわけではありませんので悪しからず。

↓オッドアイの白猫の動画はコチラ↓

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

オッドアイって初めて聞きました。ただ左右の目の色の違う猫は見たことがあります。それが白猫だったかどうか忘れちゃったのだけど、一瞬、左右の色の違いに、えっ!ってびっくりしちゃいましたが、確かに神秘的でした。でもその裏にある、聴覚に障害があるかもしれないとか、寿命がそんなに長くないっていう問題を持っていると思うと、ちょっと切ないですね。。

2 名無しさん
通報

オッドアイの猫は見たことがありませんが、写真でも魅了される猫ですね。美しすぎるその外見ですが、短命というのは本当にかわいそうだなと思いました。色々な病気になってしまったり、早くに命を落としてしまうことを踏まえて飼う必要があることがこの記事から十分に理解できました。オッドアイの猫を見たら特に優しくしてあげたいと思います。

3 オッドアイ万歳
通報

オッドアイの猫ちゃんは遺伝的な病気を持ってる可能性が高いので、短命な子が多いですよね。オッドアイだから綺麗、神秘的と思って飼い始めて、普通の猫と同じように扱っていると早々に命を落としてしまうことはよくあります。オッドアイのこと、もっとよくしってもらいたいですね。

4 名無しさん
通報

姉が飼ってる白猫がオッドアイです。臆病で皮膚も弱いですね。母猫に捨てられ拾いましたが、野良だったら長生き出来なかったと思います。 今は11歳。オスですが昨年保護した茶トラ子猫♀の面倒を見てくれる優しいおじさんです(笑)もっと長生きして欲しいです!

5 T
通報

時々オッドアイの猫を見かけることがありました。たしかに驚きますが綺麗な目ですよね。でも遺伝によるもので、障害があることやしかも短命になる可能性もあることは知りませんでした。

6 ね~こ
通報

猫のオッドアイは遺伝病なので短命が殆どですよね。白猫に多いのは知りませんでしたが、どちらにしても遺伝病なので幸運でもなんでもありません。人間が勝手にそうやって珍しがってるだけで、猫からしたらいい迷惑でしょう。オッドアイでもできるだけ長生きできるようにしてあげたいものです。

7 名無しさん
通報

やっぱり人間って変わったものに反応するんですね。目が青かったり、両目の色が違っているということ。。あえてそんな猫を作り出そうとする人もいますよね。猫にとっちゃあ嬉しくないでしょうね。

8 クー
通報

本当に神秘的で素敵ですよね。でも、視覚障害がある子も多いなんて知らなかった〜。もし、オッドアイの子を飼ったら飼い主が気をつけてあげないといけないですね。こうした情報を知れて良かったです。

9 まろちゃん
通報

うちの白猫もオッドアイです!今のところ15歳なので短命ということはないみたいだけど、これは家でしか飼育していないからなのかもしれないな。確かに家の外だと目立ちそうな気がします。たまたま拾った子を保護して飼い始めたけど肉球もピンクだし、白猫は本当に魅力的ですね。

10 リボーン
通報

オッドアイは知ってますが、幸運を運んでくる猫というのは今知りました。とても綺麗な瞳で感動しますが、短命の可能性があることを知ると、悲しいですね。悲しんでばかりいるよりも、一般的な猫と同じように接し、毎日を楽しく過ごせたらいいなと思います。

11 名無しさん
通報

オッドアイの猫の写真を見るだけでも神秘的な印象を受けますね。オッドアイの子は聴覚障害の割合も高いことも知っておくならば、そうした子をケアする際にも注意を払えますね。

12 白身フライ
通報

白猫に関する言い伝えは色々ありますね。素晴らしい言い伝えばかりで感動しました。オッドアイは瞳の色が異なり、すごく素敵で綺麗だなと感じます。でも、聴覚障害がある場合があると言われると、なんだか考えさせられるものがあります。

13 再放送
通報

オッドアイはなんと言いましょうか、うまく表現するのが難しいのですが、すごく引き込まれるような瞳だと思います。白猫は特に瞳の色が映えます。とても魅力的な瞳だなといつも感じておりましたが、障害があったり長くはない命と知ると、「綺麗、可愛い」とばかり言っていた自分が恥ずかしいです。

関連するキーワード

関連する記事

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

      「オッドアイ」。一目見ただけで目が離せなくなるような不思議な魅力がありますよね。このオッドアイは猫にも現れることがあり、やはりその魅力に虜になる人も多いようです。今回は、オッドアイの猫の値段や生まれる確率について調べてみました。

      6394
    • 猫の目の色にはいくつの種類があるのか

    • 猫の目の色にはいくつの種類があるのか

      猫の目の色は多彩です。ですがどんな種類があるかはご存知ですか?メジャーな色からレアな色まで、見ることが珍しい色もありますので猫の目の色についてご紹介します。

      コメント

      ダイクロイックアイってどんなのだろう?気になります。猫の目は吸い込まれるような綺麗さがあって大好きです。こんなにも色があって、またさらに個々で違いもあるんでしょうね。奥が深いです。

      12639
    • 猫が長生きする4つの大切な秘訣!愛猫といつまでも暮らそう♪

    • 猫が長生きする4つの大切な秘訣!愛猫といつまでも暮らそう♪

      猫の成長のスピードはすごく早いものです。そして高齢になった場合、比較的その寿命が尽きるのはあっけないものなので、飼い主さんにはある程度の覚悟が必要です。ペットロスの問題でも最も多いのが、最近では猫を飼う人になってきています。猫が長生きする秘訣をいくつかご紹介しましょう。

      15273
    • ラグドールは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

    • ラグドールは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

      ふわふわの被毛がかわいいと日本でも人気が高まっている猫が「ラグドール」です。そんなふわふわの被毛のラグドールは抜け毛事情はどんなものでしょうか?普段の抜け毛のケアや抜け毛対策にはどんなことができるのでしょうか?いくつか方法を見てみましょう。

      6546
    • スコティッシュフォールドの性格や飼い方を解説!

    • スコティッシュフォールドの性格や飼い方を解説!

      誰にでも甘えちゃうほど人懐っこく、人間が大好きなことから大人気のスコティッシュフォールド。この猫は、短毛種の長毛種の2種類がいます。特に長毛種のほうは、しっかりと毛の手入れをしてあげなければいけません。ということで、ここではスコティッシュフォールドのブラッシングを上手に行うコツをご紹介していきます。

      6654
このまとめのキュレーター

なべ

こんにちわ、なべです。 動物が大好きで幼い頃から色んな種類のペットを飼ってきました。 皆様に喜んで頂ける記事を書いていけたらと思います^^

おすすめコンテンツ

猫の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!