バーマンってどんな性格?オスやメスの性格についても詳しく解説。

バーマンってどんな性格?オスやメスの性格についても詳しく解説。

2022

ペルシアンとシャムを合わせたような猫、それがバーマンです。知られざるアジア原産の猫で、その美しい被毛と魅惑的な瞳は、オス、メスともに見る者を魅了します。少し大型の猫ですが、性格はどうなんでしょうか?飼い方も含めてその魅力をご紹介します。

2022 |

聖なる猫の異名を持つ猫バーマン

Sacred Birman Cat, birma isolated on a white background, studio photo

Borkin Vadim/shutterstock.com

バーマンの生まれた国は、アジアの中では現在のミャンマーあたりであるとされています。 詳しい起源は不明ですが、古くは9世紀から15世紀という古代のクメール王朝という、アンコールワットで有名な遺跡群が作られた大帝国時代にまでさかのぼります。

バーマンらしい猫の特徴を持つことが、その記録に残っており、寺院の守り神としてまさに”聖なる猫”として逸話が残されています。

その逸話は、ミャンマーの山岳地帯にあったお寺が盗賊によって襲撃に会い、高僧はご神体である像を守ろうとして心臓発作で急死、しかしそのお寺で飼われていた白猫が物音をたてたので、修行僧が盗賊を追い払いお寺を守ったというものです。

その高僧の生まれ変わりとして、足先以外の被毛が金色になり、白猫は金色の女神になったというものです。 ただしそれがバーマンのメスだったのか、オスなのかはわかっていません。

バーマンが世界に紹介された歴史

A seal point Birman cat, 4 month old kitten, male with blue eyes lying on cat scratching barrel

Patrik Slezak/shutterstock.com

それから近代になった20世紀、帝国主義となった世界の支配構造の中で、ミャンマーを含めたアジア諸国は、イギリスと中国がその勢力拡大をはかっており、そのなかでイギリス人によって2頭のバーマンがフランスに持ち込まれました。

このオス、メスがヨーロッパに渡った最初のバーマンになります。

猫の場合も、ヨーロッパから世界に広がるといった傾向がありますね。

バーマンがシャムに似ている理由

猫の血統が正式に登録されたのが1925年、場所はフランスでしたが当時は戦争の影響で猫の頭数が激減してしまっている頃で、最初にヨーロッパに持ち込まれ、ようやく増えたバーマンもたった2頭にまで減ってしまいました。 その時に増やすために他種と交配させた猫の種類がシャムで、毛色が似ていることからバーマンは保存を存続し、1960年代中期にイギリスとアメリカでも公認をされるようになったのです。 原種の本当の姿はもはや想像するしかないのですが、シャムとバーマンが似ているのは種の保存のためだったのですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー