パピヨンは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

パピヨンは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1538
update

パピヨンは抜け毛が多いのでしょうか?飼う際に特別なケアや対策が必要なのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

1538
update

パピヨンの抜け毛は多い?

Papillon dog outdoor portrait

everydoghasastory/shutterstock.com

パピヨンには二種類の被毛があるとご存知でしたか?

その種類の違いにより、抜け毛の量が違うというのです。

パピヨンにはダブルコートとシングルコートの二種類の被毛の生え方があります。

上下で二段構造になっていて、下に生える被毛が「アンダーコート」と呼ばれます。

「アンダーコート」は細く細かい毛が生えているのが特徴です。

細かい毛が密集して生えているため、体温を保持する機能があります。

上に生える被毛は「オーバーコート」と呼ばれます。

「オーバーコート」は硬く太い毛であることが多いです。

硬い毛で寒さや紫外線から体を守るのです。

このダブルコートを持つパピヨンは、抜け毛が多いと言えます。

スウェーデン系のパピヨンは、ダブルコートを持ちます。

ダブルコートのパピヨンは上記の通り、寒さから体を守るためのはたらきを持っています。

ですがその分、暖かくなりその機能が不要になったときには毛を落とすことで体温調節をする必要があるからです。

Dog papillon on in a field of flowers. spring pet

dezy/shutterstock.com

日本で見るほとんどのパピヨンは、シングルコートです。

シングルコートとは、二重構造ではなく、一種類の毛並みのみを持つ種類のことです。

一般的に温暖な地域で生まれた犬はこのシングルコートの毛並みを持つことが多いです。

シングルコートのパピヨンは抜け毛ケアと抜け毛対策は比較的楽でしょう。

シングルコートを持つパピヨンですが、毛の生え変わりの時期にはやはり抜け毛が多くなります。

毛の生え変わりの時期は「換毛期」と呼ばれます。

「換毛期」とは、犬の毛が全体的に生え変わる時期です。

この生え変わりの時期は秋と春にやってきます。

秋には夏の毛から冬用の寒さに耐えられる毛へと変わります。

この時期には冬用に毛の量が多くなり、全体的にひとまわり大きくなるような印象を受けるでしょう。

春にはその毛が一気に抜け落ちるので、パピヨンといえど大量の抜け毛があることが予想されます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー