犬のパジャマは必要?中型・大型・小型犬のサイズと選び方・注意点を解説

犬がパジャマを着るととってもかわいいんですよ。そしてかわいいだけではなくパジャマを着せる事には、大切な愛犬を守れるメリットもあるのです。ここでは犬のパジャマについてサイズや選び方注意点などをご紹介していきます。かわいい柄のパジャマを着て、愛犬と一緒に快適な睡眠時間を過ごしましょう。

犬のパジャマは必要?中型・大型・小型犬のサイズと選び方・注意点を解説

犬のパジャマは必要?

昔はあまり見かけませんでしたが、昨今犬に洋服を着せる方が多くなってきました。犬にとっては迷惑でおせっかいなのではないかと思う方もいると思いますが、実は洋服を着ることによって得られるメリットもあるのです。

寒さ対策

犬の体は毛でおおわれているから洋服なんて必要ないと思われがちですが、昔より室内で飼われている犬の数が増え、暖かい環境に慣れてしまっている犬の親を持つ犬は、寒さに弱い個体になっていきます。

そのため冬の散歩の際や、雨が降っている日に洋服やカッパを着ることは犬の体温管理にとても効果的と言われています。ちょっと寒いなと感じ始める季節から洋服の着用を始めるのがおすすめです。

もちろん外だけでなく室内にいるときにも、寒い空気のたまりやすい足元で生活する犬たちは寒さを感じています。暖房器具の電源を切ったり弱くする就寝時間はもっとも寒さを感じやすいです。

そんな就寝時間の寒さを和らげるために効果的が期待できるパジャマは、犬にとって必要な存在となっており、パジャマを着せて就寝時間を迎える飼い主さんも多くなってきています。

抜け毛対策

パジャマや部屋着は部屋に落ちる抜け毛を減らしてくれるメリットがあります。もちろん服を着せる前や脱がせた後には十分にブラッシングをしてあげる必要があります。

また、少し家の長い犬の場合、毛並みが汚れてしまうのを防ぐ効果もあり、犬は暖かく人間は掃除が楽にとメリットがたくさんあります。

虫(蚊)除け

夏場でもパジャマを着せることで得られるメリットがあり、虫、特に蚊に対して効果が期待でき刺されにくくなります。蚊の持つフィラリアはとても感染力が強く怖い寄生虫です。病気を予防するためにも夏場の洋服の着用はとても大切と言えます。

お布団に付く毛防止

愛犬と一緒に寝ている方が大変に感じているのは、一緒に寝た布団やシーツに犬の毛がたくさんついてしまうことです。寝返りや引っ掛かりなどで自然に抜けてしまうので仕方ありませんがパジャマを着ているとなかなか毛が落ちません。

また、一緒に寝ていなくてもいつも愛犬が寝ている寝具は毛が付きやすく手入れが大変です。そんな時にもパジャマの効果は絶大で、簡単にお掃除ができるようになります。

さらに、毛が落ちないことによりアレルギーも発症しにくくなります。

小型犬・中型犬・大型犬のパジャマの選び方とサイズ

大型犬のパジャマの選び方・サイズ

大型犬のパジャマ選びは、ゆとりを持ったサイズであるかを確認する必要がありますので、購入する前に犬の首回りや胴回りの採寸をしておく必要があります。

また、大型犬は関節の動き方も大きいため伸縮性のある着心地の良いものを選んであげましょう。サイズはいつものお洋服よりも少し大きめを選ぶのがおすすめです。

中型犬のパジャマの選び方・サイズ

中型犬は活発な性格の犬種が多いため伸縮性に富んだ素材感のパジャマがおすすめです。サイズは圧迫感のないちょうどいいものを選びましょう。購入前に採寸をすることでちょうど良いサイズが購入できます。

また、パジャマを着せるときに楽なものを選ぶと着替えに時間がかからず便利です。

小型犬のパジャマの選び方・サイズ

小型犬はジャストサイズのパジャマを選ぶようにしましょう。サイズが合わないと足が引っ掛かってしまったりと危険な場合があります。

寝やすいように伸縮性のあるばじゃまがおすすめですが、大型犬のように関節の動きも大きくないので、人間のパジャマのような軽い素材感のものを選部こともできます。その場合はサイズが合わないと着られないので、事前にしっかり採寸しましょう。

犬にパジャマを着せる時の注意点

ストレス

もちろん着せて温かいと感じる犬もいますが、洋服など身に着けるものを好まない犬もいます。そんな犬に無理矢理着せるとビリビリ破られてしまったり、着せてる間に噛まれてしまったりすることがあります。

洋服をストレスに感じる犬もいるということを頭に入れておきましょう。

誤飲

ボタンやジッパーのついたデザインのものや、アップリケやビーズなどの装飾物が付いた洋服はかわいいですが注意が必要です。どこかに引っかかって装飾品が落ちたり、装飾品に犬の詰めが引っ掛かってしまうことがあります。

装飾品が付いた洋服はとても可愛いですが、誤飲やけがなどの事故が伴ってしまう場合があるので、お出かけの際や目を離すことがないときに着用しおしゃれを楽しみましょう。

毛玉

毛の長い犬種は洋服の中で摩擦が起き、静電気や毛玉の原因となってしまうことがあります。静電気防止グッズや毎日のブラッシングで静電気や毛玉を防いであげましょう。

まとめ

見た目もかわいいうえに、様々なメリットのあるパジャマを愛犬に着せてみてはいかがでしょうか?パジャマは色や柄、サイズ選びも楽しく、一度買ったら手放せない存在になること間違いなしですよ。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • iPhoneでも犬と遊びたい。犬と一緒に使えるアプリ

    • iPhoneでも犬と遊びたい。犬と一緒に使えるアプリ

      私たちの生活を豊かにしてくれるスマートフォンやタブレット。色々なアプリが発表されて、様々な面でこれらの端末を使う機会が多くなりました。なんと最近ではペット用のアプリというのも発表されているんですよ。この記事では犬と一緒に使えるアプリをご紹介します。

      7173
    • ロングリードのメリット・デメリット!注意点も解説!

    • ロングリードのメリット・デメリット!注意点も解説!

      犬の「リード」にはいろいろな種類があります。中でも長いものを「ロングリード」といい中には何十メートルもあるようなものもあります。そんなに長いリードはどのように使うのでしょうか?ロングリードのメリットやデメリットについても見てみましょう。

      3388
    • 犬のケージとクレートの違いは?選び方や使い方は?

    • 犬のケージとクレートの違いは?選び方や使い方は?

      犬用のグッズって色々と名前があって分からなくなってしまう飼い主さんも多いようです。特に混同しがちなのが、ケージとクレート。どちらも似たような使い方をするグッズではありますが、どこが違うんでしょうか?今回は、ケージとクレートについて解説します。

      3004
    • ポメラニアンのかわいい服が勢揃いの通販サイトを紹介!

    • ポメラニアンのかわいい服が勢揃いの通販サイトを紹介!

      ふわふわ、ころころとして愛らしいポメラニアン。あなたの愛犬ポメラニアンにかわいい服を着せてあげませんか?この記事ではポメラニアンにぴったりの服を扱う通販サイトをご紹介します。愛犬にお気に入りの服を着せて、一緒におでかけするのもいいですね!

      5437
このまとめのキュレーター

はあ

「ドッグウェア」のキーワード

「ドッグウェア」に関するキーワード