チキンがメインの良質でオススメのキャットフード3選!!

チキンがメインの良質でオススメのキャットフード3選!!

3976
update

世界的に優良キャットフードと評価されている製品の多くが、チキンベースであることはまぎれもない事実です。なぜチキンメインのキャットフードが猫に良いのかという疑問がわくと思います。数多くあるチキンメインのキャットフードの中でも特に人気のある商品をランキングにしてご紹介したいと思います。

3976
update

チキンメインのメリット

愛猫の健康のために良質なキャットフードを選んであげたいと願っておられる方は、選考中の商品の原材料や配合量を必ずチェックしてから購入されると思います。

そうすると、キャットフードのメイン材料に、鶏肉、つまりチキンを主原料にして作られているものが多いことにお気づきになられていることでしょう。

実際、世界的に優良キャットフードと評価されている製品の多くが、チキンベースであることはまぎれもない事実です。そこで”なぜチキンメインのキャットフードが猫に良いのか”という疑問がわくと思います。

今日は、その疑問に答えると同時に、数多くあるチキンメインのキャットフードの中でも特に人気のある商品をランキングにしてご紹介したいと思います。

Businessman offer positive thing (like benefits, personal development, social networking) represented by plus sign, bokeh in background.

Jirsak/shutterstock.com

プレミアムキャットフードを作成しているメーカーの多くが、チキンをメインにしているのは、猫にとって好ましいそれなりに理由があるからです。これからチキンをメイン原材料にする3つのメリットを、簡単に説明したいと思います。

自然に近い食事ができる

今ペットとして飼育されているイエネコの元と言える、自然界で生きていたヤマネコたちは何を食べていたか皆さんご存知ですか?

鳥・うさぎ・ネズミ・などの小動物を捕獲して丸ごと食べていたのです。猫は完全なる肉食動物で、小動物から得られる動物性タンパク質からエネルギーを摂取するのが理想的な食事なのです。

その中でも鳥は猫にとってとても身近な獲物で、特によく食べられていました。あまり見かけなくはなりましたが、今でも野良猫などは、鳥を捕獲して食料としています。

つまりチキンは、猫にとってとても馴染みのある食材で、もともと自然界でしていた食事に近い栄養素を得ることができる相性の良い原材料なのです。

安価なキャットフードの中には、野生の猫が全く食べていなかった穀物などをメインにしているものもありますが、なぜ猫が自然界で食べていなかったものをメインにするのでしょうか?

それは、コスト削減やカサ増しという人間側のメリットしか考えていないからです。穀物は猫の健康にとってはなんの価値もないどころか、アレルギーの原因になったり、消化の負担になってしまします。

一方、チキンから取れる動物性タンパク質は、毛や筋肉や体の要素を構成するために欠かせない栄養素を供給してくれます。

ですから、自然に近い食事内容をキャットフードで再現してあげることは、消化器官などの体の作りにもあっており、負担になることもなく、栄養をスムーズに吸収できるので猫の健康を維持するのに大きく貢献してくれるのです。

食いつきが良い

人間の場合は、彩や盛り付け方など目に入ってくる情報でも食欲が促進されますが、猫の場合は、主に匂いで美味しさを判断するのです。つまり視覚ではなく嗅覚で食事を楽しむのです。

ですから、キャットフードの袋を開けた途端に猫が飛んでいて、喜んで食べるような食いつきの良いキャットフードにするには、どんな香りか漂うかに左右されます。

特に猫は気分屋さんで、好き嫌いも激しく、匂いが気に入らないと全く興味を示してくれなかったり、すぐに飽きが来たりするので、飼い主さんを困らせることがあります。

ですからメーカー側も、食いつきをよくするために様々な工夫をします。しかし、どんなに食いつきをよくするためと言っても、有害な物質で作られた香料や化学フレーバーを使用していると安心して食べさせることはできません。

その点チキンがメインのキャットフードは、嗜好性が強く、肉食の猫が自然と魅力を感じる風味が漂うので、余計な香料をつけなくても食いつきが良いという特徴があります。体に良い香りや、必要な栄養素を含んでいることを本能で判断するのでしょう。

肥満や病気の予防になる

猫が本来していた食生活と違う、麦やトウモロコシなどの穀物をメインにしたキャットフードは、炭水化物の過剰摂取につながり、血糖値が上がり、肥満や糖尿病などのリスクが高まってしまします。

しかし、主成分がタンパク質と脂質、またビタミンAやビタミンB6、オレイン酸なども豊富に含んでいるチキンなら、血中のコレステロールを減らすなど、へルシーながらも、しっかりと栄養を摂取することができます。

さらにチキンには、皮膚の老化防止を防いでくれたり免疫力を高めてくれたり動脈硬化を防いだりする栄養素が豊富に含まれているので、病気を防ぎながら、生き生きとした生活をするのを助けてくれます。

また、牛肉や豚肉などに比べてアレルギーになりにくいというメリットもあるので、毎日食べさせる主食として鶏肉を主原料としているのは安心でしょう。

チキンでも注意が必要

にわとり

Moonborne/shutterstock.com

チキンメインのキャットフードは、猫が好む味で、本来必要とする栄養素をたくさん含みながらもヘルシーと、猫にとって理想的な食事であることがわかりました。

しかし、商品パッケージに”チキン”の文字があれば、どれでも良いというわけではないのです。残念ながらチキンと言ってもピンからキリまであります。

「フレッシュチキン」「チキン生肉」「乾燥チキン」「チキンミール」「チキンパウダー」など、実に様々なチキンがキャットフードに使用されています。

上記の中で、「フレッシュチキン」「チキン生肉」などは、ヒューマングレード、つまり人間の食用にもできる高いレベルの品質であると考えて間違いないでしょう。

その中でも平地飼いで飼育されたや、さばいたその日に加工される物まで、メーカーごとのこだわりには多少の差はありますが、安心できる良質なチキンを使用していることに変わりはありません。

「乾燥チキン」とは、水分がない栄養素が凝縮された状態のことで、生肉という表現は、水分が20%程度残っている状態をさすそうです。もちろん全てのお肉は加工の段階で熱が加えられるので、100%生であることはなくなります。

ですから、「生」か「乾燥」かというのは、原材料の質が違うというよりも、加工の仕方やメーカー側の意図が大きく作用するようですね。

栄養素の違いというと、乾燥肉は生肉よりもタンパク質やカロリーが豊富で、生肉はその他の栄養素が豊富です。ただ、キャットフードとして完成するまでには、さらなる熱処理が加わるので、最終的には変わらない状態になるとも言われています。

素人の直感としては、生肉の方が良いような気がしますが、「乾燥チキン」であっても、同じ効果が得られるというのが実際のところのようです。

一方、「チキンミール」「チキンパウダー」などと表示されている場合は、廃棄されるべき骨や内臓を集めて加工していたり、病気のものや腐ったものを使用している可能性も高く、注意が必要です。

チキンと書いてあっても、粗悪な加工品からは、猫に必要な良質な動物性タンパク質を摂取することはできません。それらは、チキンメインのキャットフードのメリットが得られる商品ではないのです。

チキンメインのキャットフードを選ぶときには、原材料の最初に「チキン生肉」や「フレッシュチキン」、もしくは「乾燥チキン」と表示されているものを選ぶようにしましょう。

おすすめランキング

チキンメインのキャットフードの選ぶコツがわかったところで、実際に多くの人に支持されている人気の商品をみていきましょう。人気順にベスト3をご紹介したいと思います。

NO.1 カナガンキャットフード

カナガンキャットフードチキン

栄養価の高い、ヒューマングレードの原材料使用のキャットフード

イギリス発のプレミアムペットフードと名高いメーカーで、ご存知の方も多いことでしょう。

新鮮なイギリス産平飼いチキン生肉を60%以上(乾燥チキン35.5%・骨抜きチキン生肉25%)も使用している、とびきり美味しく、贅沢なキャットフードです。

良質なチキンを贅沢に配合しているので、良質なタンパク質・ビタミン・リン・セレンなど、猫の体を上部に作り上げ、内側からしっかりと守ってくれる栄養素を豊富に摂取することができます。

原材料は全てヒューマングレードで、人間も安心して食べられる素材の中から、鮮度にこだわってさらに厳選しているという徹底ぶりです。

その中には、食物繊維が豊富で消化がよく、時間をかけて吸収されるので長時間空腹を感じないサツマイモなどの新鮮野菜、ビタミンCなどを多く含むクランベリー、リフレッシュ効果のあるカモミールなどのハーブも含まれています。

さらに、栄養価が高く、ミネラルを豊富に含む海藻なども配合し、猫にとってベストな栄養バランスを実現しています。

もちろんグレインフリーで、穀物は一切使用していないので、猫の体に負担をかけることも、炭水化物を取りすぎることもありません。また、有害な化学添加物なども一切使用されていないので、安心して食べさせることができます。

全猫種の全ライフステージに対応している最高ランクのチキンメインのキャットフードなので、ぜひ全ての方に試していただきたいと思います。

価格は、1/5kg入りで\3,960です。公式ホームページから注文することができます。

NO.2 オリジン キャット&キトン

オリジンキャットフード

粒が小さく食べやすいキャットフード!高タンパク・炭水化物制限で生物学的に適正!

パッケージに表示されている原材料のトップから、新鮮骨なし鶏肉(20%)・乾燥鶏肉(15%)・新鮮レバー(4%)と続き、フレッシュな鶏肉がメインに使用されているキャットフードであることがわかりますね。

さらに、チキンよりもより脂肪分の少ないターキーも使用されていて、新鮮骨なし七面鳥肉(4%)・乾燥七面鳥肉(4%)・新鮮七面鳥レバー(3%)や、新鮮丸ごとサーモン(3%)・乾燥ニシン(3%)・乾燥サーモン(3%)などの魚のお肉も使用されています。

新鮮鳥ハツ(3%)・鳥軟骨(3%)・なども続き、様々な種類の動物性タンパク質がたっぷり取れることが原材料の一覧を見ただけでわかります。実際、粗タンパク質は42%以上と非常に高い数字になっています。

なんと原材料の90%がお肉やお魚ですが、使用されている素材は全て、人間が食べられるほどの高品質ですし、地元で飼育・漁獲されたものを自社キッチンで料理するので、非常に新鮮です。

そして、オリジンのこだわりである”生物学的に正しいキャットフード”を実現するために、肉だけでなく、レバーや軟骨なども加えて、野生の猫が獲物を丸ごと食べた時と同じ配合にしています。

高カロリー・高タンパク・高脂質という三拍子揃った総合栄養食ですので、骨や筋肉など体の軸となる器官を作っていく大事な時期の子猫や、成長期の猫にはぜひ食べさせてほしい優良キャットフードです。

もちろんグレインフリーですし、無添加でもあるので、デリケートな猫にも向いています。 サイズ展開は3種類あり、340g/\1,458、2.27kg/\6,123、5.45kg/\11,340~12,960(値段はショップによる)となっています。

正直お値段は張りますが、これだけ良質かつ自然食に近い状態でチキンを使用しているのですから、仕方がないかと思います。

愛猫の健康は飼い主さんに依存しています。ぜひ、栄養満点のオリジンを一度は食べさせて見てください。その内容の良さを実感していただけると思います。

NO.3 ジャガー

ジャガーキャットフード

栄養価が高く、抜群の相性を誇るキャットフード!食べ過ぎ注意!

”一番新鮮な上質なものを選んで、丁寧に調理するという”日々の食事をイメージして、とことん品質にこだわって作られているイギリス発のキャットフードです。

猫をパートナーと考え、”食を通して愛猫との豊かな生活に貢献する”というメーカーのポリシーのもとに作られていますので、ヒューマングレートな素材、肉と魚をたっぷり使ったレシピ、注目の健康食材も配合と、素晴らしい内容になっています。

肉食である猫のために、メイン食材である新鮮な骨抜きチキン生肉に加えて、鴨生肉・生サーモン・生マスを使用し、動物性タンパク質が80%以上というリッチな食事を楽しめるようになっています。

たくさんの肉と魚を使用していますが、どれ一つとして副産物と呼ばれるような、市場に食用として流通しない肉の部位を使っているものはありません。

使用しているお肉は全て、専任の品質管理官が厳しい目でチェックして、飼い主さんが安心してパートナーに食べさせることができるヒューマングレードになっています。

ですから、人工香料は一切使用していないにも関わらず、素材そのものの美味しい香りが漂います。飼い主さんからすると、多少香りが強いように感じるかもしれませんが、猫にとっては大好きな香りで、驚くほどの食いつきを見せてくれることでしょう。

香料だけでなく、調味料や着色料も一切使用していません。極上の素材はそれだけで十分猫を魅了する食事になるのです。保存料は、化学添加物の代わりにビタミンEを使用しています。

さらに、若々しい暮らしをサポートするスーパーフードとして注目されているマルベリーや、古来より希少な和漢薬として重宝されてきた、滋養分が高い朝鮮人参、リフレッシュ効果のあるクランベリーなどの話題の健康食材も配合しています。

これは、真に質の高いキャットフードを作りたいという、ジャガーの生産者であるクリスチャン・デグナー氏の思いが現れています。採算度外視で、大切なパートナーのためにこだわりを詰め込んで、猫も飼い主も生活を楽しめるようにしているのです。

だからこそ、ジャガーは世界中の愛猫家に支持されているのでしょう。実際にジャガーを愛猫にた方から、喜びの声がたくさん寄せられていました。商品購入の際の参考になると思うので、いくつかご紹介したいと思います。

「喜んでもぐもぐ食べてくれた。新鮮で上質な食材を厳選し、安全にも配慮して作られているのですっと使い続けたいと思う」

「ジャガーは食いつきが良く、あっという間になくなっていました。しばらく使っていたところ、見た目の美しさが維持されているのが実感できた」

など、好評な意見ばかりでした。これらの感想からも、猫ちゃんたちにとって贅沢で美味しい食事であると同時に、必要な栄養素を満たしてくれる素晴らしいキャットフーであることがわかりますね。

ウェッブ上にある公式ショップで、1.5kg入りが4,280円で販売されています。

まとめ

飼い主とにゃんこ

Africa Studio/shutterstock.com

チキンをメインにしているキャットフードのうち、「カナガン」「オリジンキャット&キトン」「ジャガー」の3種類をより詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか?どれも素晴らしい内容のキャットフードでしたね。

これらの商品が使用しているような上質で新鮮な鶏肉は、猫にとっては大切な栄養補給源であると同時に、喜びを加えてくれる美味しいご馳走であることがわかりましたよね。

毎日の食事によって、愛猫の体調・毛並み・活発度などが変わってきます。良いキャットフードは価格も高くはなりますが、それだけの価値は必ずあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー