スクークムは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

スクークムは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1846
update

チリチリのカールヘアーのラパーマと短い脚のマンチカンを交配させて作り出されたスクークム。元猫の特徴をしっかりと受け継いだ可愛い猫ちゃんです。今回はスクークムを飼うときに気になる抜け毛について解説します。

1846
update

スクークムの抜け毛は多い?

Rare Skookum on miniature couch, on white background

Linn Currie/shutterstock.com

スクークムが品種として誕生したのはごく最近で、1996年にアメリカのブリーダーが短い脚とカーリーヘアーを持つ猫ちゃんを目指して作り出しました。

スクークムという名前は、ネイティブアメリカンの言葉で「勇敢」とか「たくましい」といった意味があるんですよ。

スクークムの気になる抜け毛ですが、抜け毛の量は多くも少なくもなくといったところです。

ただ、長毛タイプのスクークムと短毛タイプのスクークムがいますので、それぞれに合わせた抜け毛ケアや対策をしてあげましょう。

スクークムの抜け毛ケア

Rare Skookum short leg cat standing on woven bamboo chair, on white background

Linn Currie/shutterstock.com

スクークムを始め、猫ちゃんの抜け毛ケアにはブラッシングが大切です。

あまりにも基本的なこと過ぎて、拍子抜けですよね(笑)。

しかし、日頃からブラッシングを心がけるかそうでないかで部屋に飛び散る抜け毛の量がすごく変わるのです。

それにブラッシングは抜け毛ケアだけでなく、スクークムとの絆を深める大事な時間でもありますので、忘れずにやってあげましょう。

ブラッシングをするとき、どんなブラシを使おうと考えてますか?テキトーに選んだブラシでは抜け毛ケアの効果は期待できません。スクークムの毛質や毛の長さに合わせたブラシを使いましょう。

まず短毛タイプのスクークムにはどんなブラシが合っているんでしょうか?

基本のブラシとも言われる獣毛ブラシは、毛質が柔らかく毛先が揃っているものが短毛のスクークムには合っています。 硬く毛先に凹凸がある獣毛ブラシだと、皮膚への刺激が強くなってしまいますので要注意ですよ。

短毛の猫ちゃんには、ラバーブラシがよく使われます。

ラバーブラシもなるべく柔らかいものを使うと皮膚への負担が少なくて済みます。

抜け毛を吸着して取り除く効果があるので、抜け毛ケアには最適です。

では、長毛タイプのスクークムにはどんなブラシがいいのでしょうか?

獣毛ブラシを使う場合には、短毛のスクークムに使うものとは反対に、毛質が硬く毛先がギザギザしているものがお勧めです。

スクークムもそうですが、長毛の猫ちゃんは毛玉ができやすいので、コームかピンブラシをそろえておくと便利です。

短毛・長毛、どちらのタイプのスクークムも縮れ毛ですので、ブラッシングのやり過ぎは禁物です。

縮れ毛は引っ掛かりが多いので、過度のブラッシングは皮膚への負担が大きくなってしまいます。

短毛のスクークムなら週2~3回、長毛のスクークムなら週4~5回を目安に頻度を調整してくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー