トイプードルのノミ・ダニ対策について解説

トイプードルのノミ・ダニ対策について解説

1767
update

室内でトイプードルを飼っているからといって、ノミ・ダニ対策をしなくてもよいのでしょうか?ノミ・ダニを駆除しないと病気になる可能性も大きくなります。では、ノミやダニはどんな所で生息しているのでしょうか?ノミ・ダニについて解説します。

1767
update

トイプードルにノミ・ダニ対策は必要?

An image of Toy poodle anonymity

KPG_Payless/shutterstock.com

必ずトイプードルにノミ・ダニ対策をしましょう!

ノミ・ダニから引き起す病気もたくさんあるからです。

トイプードルにノミが付いてしまうと、激しいかゆみが伴います。

そのため、体をかくので皮膚も傷つけてしまいます。

ドッグランやペットホテル、ドッグカフェでは、ノミ・ダニ駆除をして対策していないと入れないので必ず行いましょう。

他の犬にも感染する恐れがあるので、マナーとして行うべきです。

酷くなると背中や尻尾、お腹も脱毛する症状もでてきます。

マダニもトイプードルの血を吸うので、激しいかゆみにもなりストレスを起こしやすくなります。

ノミ・ダニの好む環境

White Toy Poodle in the park

ardiwebs/shutterstock.com

ノミやダニは、草むらに多く潜んでいます。

室内でトイプードルを飼っているから大丈夫でしょうか?

ノミは人間が外から持ち帰ってしまうケースもあるので要注意です。

またノミ・ダニが繁殖する温度は13℃以上といわれています。

ペットのベッドやソファーにもノミ・ダニが繁殖していることがあります。

特に日本の気候は温度がノミ・ダニには最高の繁殖しやすい環境なんです。

冬であっても、カーペット、畳、温かい部屋に潜り込んで繁殖していることがあります。

また、トイプードルの温かい毛の中で寄生してしまうケースも多くあります。

ですから、寒い冬であってもノミ・ダニ対策はしたほうがよさそうです。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

ネクストガードじゃなくて正しくはネクスガードですよ。

2 名無しさん
通報

なるほど!ノミ・ダニ対策ってキレイにしてる室内飼いだし必要ないかと思っていたけど、他の犬の迷惑にならないようにってこともあるのか。というか、他の犬と接触したときにもらうこともあるのか。絶対必要な処置ですね。

1 大福
通報

冬でもノミダニケアはする必要があるんだ、知らなかったよ(^_^;)イメージ的には蒸し暑い夏だけでオッケーって思ってた。ってことは季節問わず油断大敵ってことなのね。一回でも寄生したら、取り除くのも苦労するだろうし、何より気づきにくいから、寄生させないようにするのが肝心ね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー