【なんでなめるの?】飼い主をペロペロする時の犬の3つの気持ち・理由!

愛犬が飼い主さんのことをペロペロなめることがありますよね。そんな時、愛犬はどんな気持ちで何が理由でなめるのでしょうか?なめる場所が「顔」の場合と「手」の場合では気持ちが違うので、その時々の気持ちを分かってあげてくださいね!

【なんでなめるの?】飼い主をペロペロする時の犬の3つの気持ち・理由!

犬が飼い主さんの「顔」の中でも「口」をなめる時の気持ちは「大好き!」


犬が飼い主さんの顔の中でも特に口をなめる時は、「大好き!という気持ちでいっぱいです。でもどうして口をなめることが愛情表現になるのでしょうか? それは犬の本能でもあるんです。犬は、昔から自分より上の存在に対して敬意と愛情を伝えるときに、口をなめるという行動をとっていました。その名残が人に対しても出ているんですね。 もう一つは、子犬の時、母犬に対して食べ物をおねだりする時に口をなめていた名残でもあります。母犬は子犬が食べ物をおねだりしてきた時に、口から吐き出して与えることがあるからなんですね。 どちらの名残にしても、とても愛情が伝わってくる仕草です。口をなめてきてくれた時は、飼い主さんも思いっきり愛情を伝えてあげてくださいね! だからと言って飼い主さんが愛犬の口をなめるようなことはしないでくださいね。そんなときは犬のあごの下を指先で優しく触れてあげると犬はうっとりしますよ。 母犬も子犬の口元をなめてあげていたので、大好きな飼い主さんが同じように口元を優しく撫でてくれると子犬のような気持ちで幸せを感じるのです。そして、できれば犬に人の口や顔をなめることは止めさせた方がベターです。 犬も猫のように自分の体をなめて毛づくろいをします。そのときに抜け毛や被毛についたゴミ、おしりや陰部周りもなめますので排泄物が犬の口に付着することもあります。 そのため人間に有害な細菌や、犬にも人間にも病気を引き起こす人畜共通感染症の原因菌が犬の口内にいることがあるのであまり衛生的ではありません。 飼い主さんの口や顔をなめて可愛がってもらっている犬はよその人にでも同じようなことをしますが、どんなに犬が好きでも口や顔をなめられることは嫌な人も多いものです。 ましてや犬を怖いと感じている人や神経質な人、子どもに対しても愛犬が口や顔をなめることをしていると思いがけないトラブルになることがありますので注意しましょう。

犬が口をなめる理由をもっと知りたい方はこちら。

犬が飼い主さんの「手」をなめる時の気持ちは「反省してます!」


犬を叱った後に、手をなめる場合は、「ごめんなさい!」「反省しています!」という気持ちの表れです。 そうは言っても犬は過去の出来事をふりかえって考えることはできないので、いつもと違うコワい飼い主さんの様子に戸惑って「どうしたの?」「落ち着いてよ」という気持ちで舐めるのかもしれないですよ。 犬は緊張したときに自分の鼻を「落ち着けよ俺」という気持ちでペロリと舐めるのです。犬は自分がコワい飼い主さんの原因だとは到底想像できません。でも何とかいつもの円満な関係に戻りたいと必死であることに違いはありません。 そんな健気な気持ちはやはり酌量してあげないといけないですよね。 充分反省しているようであれば、優しくなでてあげるなどして、気持ちを受け取ってあげてくださいね。 他には「怖くない、安心できる!」という信頼の気持ちの表れでもあります。部屋で寛いでいるときに、突然に手をなめてくる犬もいます。飼い主さんと一緒に居られる心地よさをなめることで改めて確認しているのでしょう。 眠くなってきてこれからお昼寝しようかなというときに飼い主さんの手をなめてくる犬もいます。いつもの優しい飼い主さんの体温を感じてから眠りに入るので静かに見守ってあげたいですね。 飼い主さん以外の人をなめる場合も、リラックスしている状態なんですね。知らない人に出会ったとき、その人に興味を抱けばまず犬は相手の匂いを嗅ぎますが、「この人は安心できる」「この人のことを好きかも」と感じると手をなめて親愛の気持ちを示すことがあります。 「これから仲良くしてね、よろしくね」という挨拶としてなめることもあります。たまに、おやつをくれるからなめるという食いしん坊な犬もいるみたいですよ!

犬が飼い主さんの「足」をなめる時の気持ちは「遊んで欲しい!」

足をなめる場合も、口と同じく親愛の表れではありますが、特に遊んで欲しい気持ちを伝えている場合があります。ズボンやスカートを引っ張る延長で足をなめる場合は、遊んで欲しい気持ちの表れです!是非思いっきり遊んであげてください! 時には、遊び以外に何か期待している場合もあります。飼い主さんが美味しそうな物を持っていると、犬もそれが何か確認したいという気持ちの表れであったりするので、その時の状況で気持ちを察してあげてくださいね! 出かけていた飼い主さんが帰宅したとき、留守番していた犬が喜んでお出迎えをしてその後、足をなめることもあります。飼い主さんが帰って来て嬉しいという歓迎の気持ちや、「どこに行って来たの?」と心配して少しでもその情報を得ようとして足をなめているのです。 犬がなめてくれる時、飼い主さんに対して沢山の愛情を伝えていることがほとんどなんですね。飼い主さんも愛犬に対して沢山の愛情を伝え返してあげてくださいね!

仕草でわかる犬の気持ちはこちらから解説!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!