6ヶ月のトイプードルの散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

6ヶ月のトイプードルの散歩。しつけ方や注意点などをご紹介

1847
update

6ヶ月のトイプードルは好奇心もある程度収まり、落ち着いた時期でしょう。この時期を活用し、お散歩のしつけを行いましょう。

1847
update

トイプードルの6ヶ月はどんな時期?

a little baby poodle

onlySMK/shutterstock.com

トイプードルは人好きで、懐こく家庭犬向きな犬種です。

しつけにも従順に従うゆえ、多くの家庭で愛されています。

ですがトイプードルはしつけを間違えると、自己中心的な犬になってしまう危険があります。

子犬のうちにしっかりしつけをしておくことは重要です。

成犬になる前に飼い主との関係を培っておく必要があるでしょう。

トイプードルの子犬の場合、散歩のしつけは6ヶ月ころにはある程度完了しているべきです。

トイプードルの6ヶ月は、どのような時期なのでしょうか?

トイプードルの心の特徴

Two Poodle Puppies on isolate background

PCHT/shutterstock.com

トイプードルの6ヶ月頃は、成犬に近づき心も成長しています。

トイプードルに限らず、犬はグループの中の位置を重要視する生き物です。

グループの中で服従するべき相手を見極め、下位の者は従わせることを大切と考えています。

つまり、この6ヶ月の時期に「家族」というグループの中での主従関係を示しておくべきなのです。

この6ヶ月の時期にトイプードルに下位の者と認識されてしまうと、その後取り戻すのが難しいでしょう。

自分を家族のボスの位置につけるトイプードルもいますが、そうなると他の家族の指示を聞かなくなります。

小型犬ながらも威嚇して自分の言う事を聞かせたり、命令を無視したりします。

ですがこの6ヶ月の時期のしつけ次第では、家族全員に従順な良いトイプードルに育てることが可能です。

特にお散歩はしつけの絶好の機会とも言えます。

トイプードルの身体の特徴

成犬に近づき、骨格や筋肉も発達しているでしょう。

力が出てきているので、お散歩のときにも引っぱる力が強くなるかもしれません。

ですがトイプードルの好きなようにお散歩させているのは、良いしつけとは言えません。

お散歩のときのしつけについて見てみましょう。

トイプードルの性格から考える!飼い方としつけのコツとは?

「人形かな?」と思って見ていると、動く!そんな経験を何度もしました。人形みたいに可愛いトイプードルは、賢くて飼い主さんの手を煩わせることはほとんどありません。そんな性格や飼い方、しつけのコツをご紹介します!

https://mofmo.jp/article/1645

この記事が気に入ったらシェア♪
1 ジャムトースト
通報

生後半年ごろから、主従関係を構築させ始めないといけないというのは仰天でした。見た目は小さくて子供なんだけど、心は成長していくから、この時期に関係というか、立場を教えないといけないよってことなんですよね?犬の子育て難しそうです

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー