犬は寒さに強いって本当?実は犬に必要な寒さ対策3選!

犬は寒さに強いって本当?実は犬に必要な寒さ対策3選!

2556
update

「犬は喜び庭駆け回り~」と動揺の歌詞にもあるように、犬は寒さに強いというイメージがありますね。確かに犬の体温は人間よりも高いので、寒さには耐性があります。とはいえ、犬の種類や年齢によっては寒さがかなり堪えるようです。寒さに弱い子のための対策をご一緒に考えてみましょう。

2556
update

どんな犬が寒さに弱いの?

チワワ

pixabay.com

毛が短くシングルコートで南国原産小型犬が寒さにかなり弱い傾向にあります。代表的な犬種としては、チワワマルチーズミニチュアダックス、プードル、ヨークシャテリア、パピヨンボクサーミニチュアピンシャーなどです。 また、室内犬も体温調節が苦手ですし、子犬老犬病気にかかっている犬も寒さに対する注意が必要です。

犬が寒がっているかどうかはの判断はどうするの?

ポメラニアン

pixabay.com

人間とも同じですが、ぶるぶると身体を震わせていたり、動きが鈍かったり、動かなかったり、背中を丸め、手足をくっつけて丸くなって眠ることで、体温の低下を防いだりしているようならかなり寒がっていると言えるでしょう。 遊びや散歩に消極的であったり、執拗に人のそばに居たがろうとしたり、いつもより水を飲む量が減っているなども寒さを感じているサインです。

犬にしてあげられる寒さ対策3つ!

犬の寒さ対策1:ケージにひと工夫

ケージと壁の間に段ボールを挟む、ケージの上から覆いかぶせるように毛布などを掛けて置く、ケージの中にもフリース素材のものを入れてあげるといいでしょう。 屋外で飼っている場合は、小屋を風のあまり吹かない、日当たりの良い場所に設置し、隙間風が入らないようにしてあげることができます。小屋の中にも段ボールで隙間を埋めたり、敷いたりしてみたり、フリースなどの温かい布を入れてあげるならかなり寒さを防げるでしょう。極寒時には、玄関に入れてやったり、エサを少し増やしてあげることも必要かもしれません。

犬の寒さ対策2:服を着せる

温かい室内から外へ散歩に行くときには、急激な温度変化にさらされますから、服を着せてあげることで寒さに対処しやすくなります。帰ってきたら、服を脱がせてあげることも忘れずに。

犬の寒さ対策3:極寒時にはヒーターや湯たんぽ

ペット用のヒーターであれば、ケージ内を温めるだけなので電気代も抑えることができますし、湯たんぽなどは移動の時にも使えるだけでなく、かわいいものもたくさんあるんですよ。 極端に部屋を暖めすぎると、空気が乾燥し、呼吸器に影響しますので、加湿にも気を配るようにしましょう。

まとめ

犬だって寒いんですね。これから、どんどんと寒くなっていきます。愛犬も飼い主も、心も身体もポカポカと寒い冬を過ごせますように。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー